就活の証明写真に適した髪色はこの色!プロの経験をもとにお教えします

目次

  1. 就活に適した髪色と証明写真に適したは違うの?
  2. 就活証明写真に適した髪色と就活に適した髪色との違い
  3. 就活証明写真に適した髪色って“黒髪”だけ?
  4. 茶髪の場合は証明写真を撮る前に黒髪に染めておくべき?
  5. 就活の面接と就活証明写真の髪色は同じ色の方が好ましい
  6. 黒髮に染めるのが証明写真の撮影に間に合わなくても写真館なら“髪色修正”で茶髪を黒髮にできる
  7. 撮影前に黒染めスプレーをつけて就活証明写真を撮れば髪色修正しなくても良い?
  8. スタッフが選んだ就活証明写真におすすめの黒染めスプレー3選
  9. 就活証明写真に適した髪色で好印象をゲットしよう

就活に適した髪色と証明写真に適した髪色は違うの?

はじめまして!スタジオインディの近藤です。

就活生の皆さんの中には、これから就活写真を撮りに行こうと予定している方はいませんか?

「そろそろ準備しなきゃなあ」と思っている人の中にはまだ髪色が明るい人もいることでしょう。

  • 「就活の証明写真は何色の髪色にしたら良いの?」
  • 「就活写真の撮影は明るい髪色のままじゃダメ?」
  • 「濃いめの茶髪なら黒髪にしなくても大丈夫?」

など、様々な疑問があるかと思いますが、全てプロがお答えしていきます!

今回は、就活写真に適した髪色と黒髪に染める際の注意点などについて説明しています。

スタジオインディのこだわり
就活証明写真比較調査で1位を獲得したときのロゴ

このメディアを運営する『スタジオインディ』は、4,000人を対象とした就活写真調査でクチコミ1位の評価を頂いております★

スタジオインディは以下4部門でも1位となりました!

  • 人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真1位
  • 東証一部上場企業の内定者・新入社員が選ぶ、証明写真スタジオ口コミ評価1位
  • 親が選ぶ、就活をするこどもにおすすめしたい証明写真スタジオ1位
  • 現役CA・グランドスタッフが選ぶ、就活におすすめのスタジオ1位

就活証明写真の用意がまだの方はぜひ『スタジオインディ』へお越しください!

就活証明写真に適した髪色と就活に適した髪色との違い

就活証明写真に適した髪色と普段の就活に適した髪色に違いはあるのでしょうか?

それぞれのケースで好まれる髪色について説明します。

就活に適した髪色は?

普段の就活に適した髪色は黒か焦げ茶です。

黒い髪色で就活を行う学生が多く自分だけ焦げ茶だと周りから浮いてしまうので、黒髪にする方が無難です。

「焦げ茶でも大丈夫かな」と髪色が気になって就活に集中できないよりは、他の就活生と同じく黒髪にしてしまった方が安心だと思います。

詳しくは以下のページを参考にしてみてください!↓↓

あなたの髪色は就活で大丈夫?最適な就活のヘアカラーを紹介

就活証明写真に適した髪色は?

就活証明写真に適した色は、普段の就活と同じく黒と焦げ茶です。

ただ、証明写真を撮るときには照明やストロボなどの強い光が当たるので焦げ茶が明るい茶色に写ってしまうことがあります。

証明写真で髪色が明るい茶色では業界や採用担当者によっては良く思われないこともあるので、髪の色味が気になるのであれば最初から黒髪にしておきましょう。

証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
適した髪色黒か焦げ茶。黒の方が無難。黒か焦げ茶。黒の方が無難。
茶髪の場合は黒色にするべき?写真スタジオでは、
黒髪修正で色味を調整することができる
黒色の方が印象が良い

就活証明写真に適した髪色って“黒髪”だけ?

就活の証明写真に適した髪色はこの色!プロの経験をもとにお教えします1

就活証明写真では髪色は黒色にする方が無難ですが、黒に近い焦げ茶であれば許容範囲です。

焦げ茶でも撮影時のライティングによっては明るい茶色に写ってしまうこともありますが、撮影後に黒髪修正をすれば黒色に修正することはできます。

黒髮で撮った就活証明写真が与える印象

黒髪で証明写真を撮ると、「清潔感がある」、「真面目そう」、「きちんとしている」というプラスの印象を与えることができます。

一般的な就活ヘア自体“黒髪”といったイメージを持つ企業が多いので、マイナスな印象を与えることはありません。

茶髮で撮った就活証明写真が与える印象

明るい茶髪で就活証明写真を撮影すると、「常識がない」、「チャラチャラしている」という印象を持たれてしまいます。

公務員、金融、福祉業界などは黒に近い焦げ茶であってもマイナスイメージになることがあるので、就活中は黒髪にしている方が就職活動を進めやすくなります。

茶髪の場合は証明写真を撮る前に黒髪に染めておくべき?

就活用の証明写真を撮影する段階で「まだ茶髪」という人もいるかもしれません。

気になるようであれば証明写真を撮る前に地毛を染めておいた方がより自然な仕上がりとなります。

明るめの茶色・焦げ茶の髪色は撮る前に染めた方が良い

明るい茶色に染めている場合は、証明写真を撮る前に黒色に染めておきましょう。

焦げ茶の場合、光の加減で明るく見えるのであれば黒に染めるほうが印象は良くなります。

黒に近い焦げ茶の髪色は染めなくても良い

焦げ茶であっても黒に近いような焦げ茶であれば無理に染めなくても問題ありません。

黒色に染めると黒光りして不自然になる可能性があるので、光に当たって明るく見えないのであれば、そのまま撮影しましょう。

地毛がもともと茶色の人も黒色に染めるべき?

地毛が茶色という人は、基本的に黒色に染める必要はありません。面接などで質問されたときには「生まれつき茶色の髪です」と答えるようにすると良いでしょう。

ただ、書類選考では「地毛で茶色い」ということは説明できないので、採用担当者が写真を見たときにマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

社会人として許容できる範囲を超えて地毛の色が茶色い場合は、暗めに染めて証明写真を撮る方が印象が良くなります。

また、金融や公務員など茶髪NGの業界を受けるときには地毛であっても暗く染めるほうが無難です。

スタジオインディのこだわり

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、撮影時に黒髪に染めるのが間に合わなくても大丈夫!写真を茶髪から黒髪に出来る『髪色修正』ができます!ぜひお問い合わせください!

就活の面接と就活証明写真の髪色は同じ色の方が好ましい

証明写真が茶髪で、面接などでは黒髪だとあまりいい印象を持ちません。就活の面接と証明写真の髪色は同じ色にしましょう

就活を黒髮で挑むのであれば証明写真を撮る前に黒髮に染めた方が良い

証明写真は学生の雰囲気を知るためだけでなく、身分証明としても使われています。

そのため、証明写真の髪色と説明会や面接での髪色は同じにする方がいいです。また、証明写真を茶髪のままで撮影してしまうと採用担当者から「普段は奇抜でチャラいのでは?」と思われてしまいます。

就活を黒髪で挑むのであれば、証明写真を撮る段階から黒髪にしておきましょう。

就活用に黒髪に染める時の注意点

就活の証明写真に適した髪色はこの色!プロの経験をもとにお教えします3

普段茶髪の人が黒髪の染める時の注意点をご説明します。

黒髪に染める時には「不自然な黒色」にならないように気をつけましょう。

就活用に黒髪に染める時の注意点1:染めても良い許容範囲の色味は8トーンまで

一般的にはカラーの明るさを表す単位として「トーン」が使われています。

数字が大きくなるほど髪色は明るくなり、4-5が黒髪、6-8はダークブラウンです。就活用に暗く染める場合は8トーンまでが許容範囲とされています。

美容院で黒髪の染める時には美容師さんに「8トーンまでの明るさでお願いします」と伝えましょう。

就活用に黒髪に染める時の注意点2:時間を置きすぎない

就活用に黒髪の染める場合、美容院で染めるとお金がかかるので市販のカラー剤で染める人も多いかもしれません。

もし市販のカラー剤で染める場合は薬剤を塗った後に時間を置きすぎないようにしましょう。

長い時間置いてしまうと薬剤が入り込みすぎて、「不自然な黒髪」になってしまいます。

就活用に黒髪に染めるときは美容室で染めるのがおすすめ

市販のカラー剤で染めると、染ムラができたり、不自然な髪色になったり、髪の毛がダメージでバサバサになったりと失敗が多くなってしまいます。

就活では黒髪にする方が無難ですが、その黒髪に色ムラがあったり、ダメージがある状態では「だらしない」印象になってしまいます。

就活用に黒く染める場合は、美容院で綺麗に染めてもらいましょう。

詳しくはこちらを参考にしてみてください!

就活ヘアは美容室でこうやって頼みましょう!正確に伝わる方法をお教えします

黒髮に染めるのが証明写真の撮影に間に合わなくても写真館なら“髪色修正”で茶髪を黒髮にできる

就活の証明写真に適した髪色はこの色!プロの経験をもとにお教えします2

「就活の証明写真の撮影の日まで黒髪に染められなかった」ということもありますよね。

その場合には、写真館やスタジオでの撮影後に「黒髪修正」で茶髪を黒髪に修正してもらえます。

”髪色修正”って何?

「髪色修正」は撮影後に髪色を自分の指定した色に修正できるサービスです。

就活用の証明写真を扱っている写真館やスタジオであれば髪色修正ができるところが多いです。

茶髪を黒髪にする“髪色修正”が出来るのは『スタジオインディ』

髪色修正を頼むといくらかかるの?

髪色修正を依頼する場合、撮影料に含まれているケース、1枚1,000円から修正をしてくれるケースなど様々です。

髪色修正を依頼するのであれば事前に料金を確かめておきましょう。

髪色修正はどの髪色でもしてもらえるの?

写真スタジオでの髪色修正は、どんな色でも可能です。

金髪に近いような茶髪であっても、黒髪や焦げ茶など指定の色に修正してもらえます。

髪色修正のメリット・デメリット

髪色修正をするときのメリットとデメリットをご紹介します。

髪色修正のメリット

髪色修正のメリットはどんなものでしょうか?

具体的に2つのメリットをご説明します。

⑴普段は明るい髪色でいられる

就活用の証明写真を撮る段階では、「まだまだ本格的な就活を行わないので茶髪でいたい」というときに髪色修正を使えば普段はギリギリまで茶髪でいることができます。

⑵プロの力でもとの写りよりも良くなることもある

もともとの髪色にムラがあっても髪色を修正することで写りが良くなることもあります。

「髪色は暗めだけど、色ムラが気になる」という場合には髪色修正をすると印象の良い証明写真ができますよ。

スタジオインディのこだわり

インディこだわり画像修正

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、プロのカメラマンが揃っているため自然な仕上がりになる『髪色修正』が可能です!

当日まで染められていない方で不安があっても大丈夫!

ぜひカメラマンにご相談ください。就活写真としてOKラインの髪色かどうかお答え致します♪

髪色修正のデメリット

髪色修正をする場合の2つのデメリットをご紹介します。

⑴カツラをかぶったような不自然な仕上がりになることがある

髪色修正は人工的に色味を変える方法なので、やり方によってはかつらをかぶったような不自然な写真になることがあります。

なるべく自然な写真を撮りたいのであれば、証明写真を撮る前に美容院で黒髪に染めておきましょう。

⑵費用と時間はかかる

黒髪修正はオプションプランになっている場合が多いので費用がかかります。

また、撮影後に修正作業をするので証明写真ができるまでに時間がかかってしまう場合があります。

撮影前に黒染めスプレーをつけて就活証明写真を撮れば髪色修正しなくても良い?

「普段は茶髪でも、証明写真を撮る前に黒染めスプレーを使えば髪色修正をしなくてもいいのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか。

黒染めスプレーを使えば一時的に黒髪にすることはできますが、使い方にもよりますが髪に色ムラができたり、つけすぎてテカってしまったりと、不自然になることもあるのであまりおすすめできません

このような場合は、無理をせずに髪色修正で自然な証明写真に仕上げてもらいましょう。

茶髪を黒髪にする“髪色修正”が出来るのは『スタジオインディ』

スタッフが選んだ就活証明写真におすすめの黒染めスプレー3選

「黒髪に染める時間がない」、「黒髪修正にお金をかけたくない」という場合は、市販の黒染めスプレーを使ってみましょう。

おすすめの黒染めスプレー3種類をご紹介します。

就活証明写真におすすめの黒染めスプレー1:カラースプレー S ニューフラワー ソフトブラック

カラースプレー S ニューフラワー ソフトブラック

引用元:アマゾン

商品名カラースプレー S
ブランド名ニューフラワー
価格790円(税込み)
容量110g

微細なミスト状になっているので、色ムラになりにくいのが特徴です。

トリートメント成分が配合されているので髪のダメージを抑えられます。髪全体に軽くスプレーしたらコームでとかすと綺麗に仕上がりますよ。

就活証明写真におすすめの黒染めスプレー2:アモロス 黒彩ヘアカラースプレー 黒

アモロス 黒彩ヘアカラースプレー 黒

引用元:amorous公式サイト

商品名黒彩ヘアカラースプレー
ブランド名アモロス
価格 
容量93g

スプレーを一度につけると髪の毛が固まってしまうので、少しずつスプレーして自然な仕上がりにしましょう。

就活証明写真におすすめの黒染めスプレー3:ダリヤパルティ ターンカラースプレー ナチュラルブラック

ダリヤパルティ ターンカラースプレー ナチュラルブラック

引用元:パルティ公式サイト

商品名ターンカラースプレー
ブランド名パルティ
価格505円(税込み)~
容量80g

シャンプーで簡単に洗い落とすことができるのが魅力です。また、トリートメント成分が入っているので、ごわつきにくいですよ。

スプレーする前に髪の毛をコームでとかしておくと、色ムラなく黒髪にすることができます。

(まとめ)就活証明写真に適した髪色で好印象をゲットしよう

普段茶髪にしていると「就活のためだけに暗い髪色にしたくない」と思うかもしれません。

ですが、就活の証明写真では「清潔感があるか」、「社会人としてのマナーがあるか」、「一緒に働けそうか」ということを判断されます。

就活では清潔感のある黒髪が良いとされているので、黒髪または黒に近い焦げ茶で印象の良い証明写真を撮影しましょう。

就活におすすめの髪型はこちらの記事にまとめているので、参考にしてみてください!

就活女子におすすめ!就活写真に適した髪型をプロが全てご紹介
男性の就活証明写真にはどんな髪型が適しているの?プロのヘアメイクが全てご紹介します!