就活証明写真で女性が着るべきシャツ (ブラウス)をプロが解説

目次

  1. ネクタイがない分、女子は証明写真撮影時にもワイシャツに気を使うべし!
  2. ワイシャツ(ブラウス)において証明写真の撮影時に注意すること
  3. 写真館や写真スタジオのスーツレンタルサービスが便利!無料サービスのスタジオも!
  4. 女子が就活写真を撮影する時にワイシャツやブラウスで注意することまとめ

ネクタイがない分、女子は証明写真撮影時にもワイシャツに気を使うべし!

初めまして!スタジオインディの林です。

就活では男女問わずスーツの着用が基本。男女のスーツでの正装で大きな違いはネクタイの有無くらいです。男性の場合はネクタイを使ってより印象を強くすることもできます。

しかし、女性の場合は印象を変えられるネクタイを着用しませんので、その分証明写真の撮影時には女性にとって印象を変えられる“ワイシャツ”に気を使う必要があります。

そんな印象を変えられるワイシャツは「一体どんなものを着れば良いの?」と悩んでいる方もいるでしょう。

今回の記事では、証明写真の撮影時に女性がどのようなシャツを着ればいいのか、どのように着こなせばいいのか、について解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

スタジオインディのこだわり
就活証明写真比較調査で1位を獲得したときのロゴ

このメディアを運営する『スタジオインディ』は、4,000人を対象とした就活写真調査でクチコミ1位の評価を頂いております★

スタジオインディは以下4部門でも1位となりました!

  • 人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真1位
  • 東証一部上場企業の内定者・新入社員が選ぶ、証明写真スタジオ口コミ評価1位
  • 親が選ぶ、就活をするこどもにおすすめしたい証明写真スタジオ1位
  • 現役CA・グランドスタッフが選ぶ、就活におすすめのスタジオ1位

就活証明写真の用意がまだの方はぜひ『スタジオインディ』へお越しください!

ワイシャツ(ブラウス)において証明写真の撮影時に注意すること

女性はワイシャツやブラウスを着て証明写真を撮る際には色・柄や首・肩周り、襟などに注意します。

気をつけるべきポイントを細かく見ていきましょう!

袖は何でもいいので首周り、肩周りがあったワイシャツ(ブラウス)を着る

就活証明写真で女性が着るべきシャツ (ブラウス)をプロが解説2

証明写真に適したワイシャツ、ブラウスを選ぶ際は首周り、肩周りを基準に選ぶようにしましょう。袖は一般的な証明写真では写りませんのであまり気にしないで大丈夫です。

首周りが大きいとダラっとした印象になり、小さいと窮屈な印象になったり、第1ボタンが閉じれないということになってしまいます。

肩周りは肩幅に合わせたものを着ましょう。こちらも小さいと窮屈な印象を与え、大きい場合は野暮ったい印象を与えます。

首周り、肩周りのサイズを意識して自分の体型に合ったサイズ感のシャツを準備しましょう。

就活用証明写真における襟元のルールを男女別で確認

ワイシャツはスキッパータイプでもレギュラータイプ(ボタンタイプ)でもOK

女性の就活においてワイシャツの形状はスキッパータイプでもレギュラータイプでも問題ないです。ただし、それぞれの着こなしで注意点があります。

スキッパータイプの場合はジャケットから襟を出して着る方がシャツの形が綺麗になるのでおすすめです。

スキッパータイプは襟の見える面積が広くなるので、襟が左右対称になるように着こなすことが大切です。左右でバランスが悪い場合はだらしない印象を与えてしまいます。

レギュラータイプの場合は第1ボタンを閉めることが大切です。

もし第1ボタンが開いていた場合は着崩していると思われることにつながってしまいます。

業界や業種によって好まれるシャツのデザインが違う場合があるので事前にきちんと調べましょう。

ワイシャツの襟ごとの正しい着こなしはこちらの記事で解説しています。

就活の証明写真で着るべきシャツは?スキッパー・レギュラーどちらが印象が良いの?

カットソーでの撮影はエアラインや美容系の職種以外は控えたほうが無難

カットソーはカジュアルな印象を与えてしまうため就活には不向きです。就活では「真面目さ、誠実さ」といった印象を与えられるワイシャツを着ることが無難だからです。

ただし、エアラインや美容系の業界はカットソーでも大丈夫な場合もあります。

もし、これら業界を受ける場合はカットソーが社風に合うのかなどを事前にリサーチするのが吉でしょう。

エアライン業界で好印象となる就活写真の撮り方
化粧品業界で好印象となる就活写真の撮り方

ワイシャツ(ブラウス)の色柄は白無地一択!

就活証明写真で女性が着るべきシャツ (ブラウス)をプロが解説1

就活の証明写真撮影、面接の際のワイシャツ・ブラウスは白無地にしましょう。就活においては着こなしで減点になることはあっても加点になることはほとんどないです。

大多数の就活生が白いシャツを着ており、就活の定番である黒のスーツにも馴染むことから白いシャツを選ぶべきです。

また、柄は無地が良いでしょう。ストライプなどの柄が入っているとどうしてもカジュアルさが出てしまい、真面目さをアピールするのに悪い影響が出てしまうためです。

ワイシャツ(ブラウス)の細かなホコリを撮影直前に除去する

就活証明写真で女性が着るべきシャツ (ブラウス)をプロが解説3

証明写真の撮影前にはテープやブラシを使ってワイシャツ・ブラウスの細かなホコリを取り除ききれいな状態にしましょう。

きれいなワイシャツとスーツで撮影に臨むことで清潔な印象を与えることができます。

ワイシャツ(ブラウス)の襟(ラペル)の高さや角度、面積を左右対称にする

撮影前、面接前にはワイシャツ・ブラウスの襟を鏡で確認して左右対称になるように調整しましょう。

特にスキッパーの場合は襟が出ている面積が大きいため左右で偏りが大きいとアンバランスで印象も悪くなりやすいです。

スタジオインディのこだわり

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、撮影直前にはプロのカメラマンによるチェック、プロのヘアメイクによるお直しが入ります

そのため、撮影ブースへの移動によって少し身なりが崩れても安心して撮影することができます。

写真館や写真スタジオのスーツレンタルサービスが便利!無料サービスのスタジオも!

写真館や写真スタジオではスーツレンタルを行っているところがあり、無料でスーツを貸し出してくれるところもあります

もし、

  • 「撮影前にシャツやスーツを用意できなかった」
  • 「結局どのワイシャツを着たら良いのか、自分で選ぶ自信がない」

という方は、ぜひこのスーツレンタルを利用してみると良いでしょう。

就活写真の撮影に慣れたプロの方々が教えてくれますよ!

写真館や写真スタジオは予約制のところがほとんどなので、もしスーツレンタルを希望するなら予約の際に問い合わせてみるのが良いでしょう。

スタジオインディのこだわり

インディこだわりスーツレンタル女子

このメディアを運営する『スタジオインディ』でも、スーツレンタルを無料で行っています!

もちろん、シャツブラウスもご用意しており、サイズ展開も幅広いのでご安心してご来店ください♪

女子が就活写真を撮影する時にワイシャツやブラウスで注意することまとめ

今回の記事では女性が就活写真を撮影する際にワイシャツやブラウスの選び方や着用で注意することを解説しました。

  • ・首と肩周りを特に注意し、自分の体型にあったサイズを準備する。
  • ・形状はスキッパータイプでもレギュラータイプでも大丈夫。

志望の業界や業種に好まれる方をセレクト。

  • ・カットソーはエアラインや美容系の一部の業界では使える場合も。事前に確認が必要
  • ・色は白無地が無難
  • ・左右のバランスをしっかりと整え、撮影前に細かなホコリなどを除去する。

女性が就活写真を撮る際には自分の体型に合わせた適切なデザインのシャツを準備し、身だしなみをしっかりと整え、清潔でビシッとした好印象を与えられるようにしましょう。