就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説6

目次

はじめに

就活に向けて準備中の皆さまはじめまして!スタジオインディの南です。

就活への第一歩となる就活用の証明写真の用意はできていますか?

女性の皆さんは、就活用の証明写真での髪型について、悩んでいる方も多いと思います。

髪の長さが中途半端だと、アレンジにも苦労しますよね。

特に就活証明写真での女性の前髪は、印象を大きく左右しますので手を抜くことができません。

今回は、女性の就活写真における前髪のピンの留め方について解説いたします。

普段、ピンで前髪をアレンジしている方も多いと思いますが、就活写真にピンが写ってしまっても大丈夫なのか、気になりますよね。

こちらを読めば、どんな風にピンを使えば就活写真に効果的かがお分かりいただけると思います。

就活の証明写真の前髪に悩んでいる女性の皆さま、ぜひこちらの記事をご覧ください。

就活写真で前髪にピンが付いていても問題ない!

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説9

就活写真を初めて撮影する方は多いと思いますが、果たして前髪にピンがついていても問題ないのでしょうか?

悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

実は前髪にピンがついていても大丈夫です。

ただし、つけているピンによります。

色や形、本数が適切なピンであることと、できるだけ見えないように留めるのがコツです。

就活写真における正しいピンの選び方や留め方について、詳しく見ていきましょう。

就活写真に適した前髪を留めるヘアピンの種類

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説8

ヘアピンって、結構色んな種類がありますよね。

100円ショップでも、可愛いピンがたくさん売られていますし、ピンをコレクションしている方も多いかと思います。

しかし、就活の証明写真にふさわしいピンは、限られています。

どんなタイプのヘアピンが、就活写真に適しているのでしょうか。

タイプは「アメピン」

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説10

就活の証明写真で、前髪を留めるのに適したピンはアメピンです。

就活写真では、ピンはできるだけ見えないほうが良いので、主張しないアメピンに限ります。

ヘアアクセサリーのコーナーには、上品なデザインのピンもたくさん売られていますが、就活の証明写真の髪型は派手なオシャレさは決して求められず、シンプルな方が堅実で清潔感があり、好感度があがりますので、色や柄のついていない、アメピンのようなできるだけ目立たないものを選んでください。

色は「黒」で小さめのヘアピン

就活写真では、ヘアピンはできるだけ目立たず、隠しておきたいアイテムなので、色は髪色に馴染む黒で小さめのものを用意してください。

就活証明写真でのおすすめのヘアピンは、小さな黒いアメピンです。

あまり小さいと、きちんと留まらないのでは、と不安になる方もいると思いますが、正しい方法で留めれば、小さくてもきれいに留まります。

アメピンでも色付きのものは目立ち、子供っぽい印象になるため控えましょう。

プロが教える就活写真で前髪にピンを付けるときの注意点

ここまでで、就活証明写真にふさわしい、ピンの種類がお分かりいただけたかと思います。

ピン選びはとにかく目立たない、黒いアメピンをおすすめしてきましたが、付け方についても同様に、目立たないことが大切です。

ここからは就活写真で前髪にピンを付けるときの注意点をご紹介します。

ヘアピンは多くても2本までに留める

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説4

就活証明写真で、見えて良いピンの数は2本までです。

少量のピンなら問題ありませんが、3本以上見えてしまうと、ピンに目が行ってしまい、子供っぽい印象や、本気度が低いイメージを抱かれ、印象が悪くなる恐れがあります。

もし入社して、大事な取引先と会う時に、ピンがたくさんついていたらみっともないですよね。

採用担当者はそこまで思いを馳せますので、たくさんピンがついているとそれだけで印象が悪くなり、ご縁が途切れてしまう可能性が大きいです。

前髪が、ピンを2本使ってもきれいにまとまらない場合は、他のアイテムを使ったり、前髪の量を薄くするなど、別の方法を考えましょう。

ヘアワックスやスプレーを使ってキープさせる

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説5

就活証明写真での女性の髪型は、額と眉が出ていると清潔感があり明るいイメージで好印象につながります。

ヘアピン2本程度で額と眉を出すのが難しい場合には、ヘアワックスやスプレーで固定しましょう。

しっかり固定することで、前髪が崩れたり、額が隠れるのを防ぎます。

ヘアピンは髪の端の部分を留める

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説7

ヘアピンを留める位置は、髪の中間や根元のほうではなく、髪の端で輪郭に近い部分に留めましょう。

そうすることで、就活証明写真で、正面からの撮影ではピンが目立ちにくくなります。

流した前髪の端を、耳の上あたりで目立たないように留めます。

髪の長さに余裕があれば、トップの髪でピンを隠すと、より目立たなくなります。

セットするときに、前髪以外のトップの髪の毛をクリップなどで仮止めしておくと、前髪をきれいに流すことができます。

髪の毛に対して垂直方向に、しっかり地肌に沿わせてピンを差すと、小さいピンでも崩れにくくなります。

証明写真の撮影によるストロボで光らないように留める

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説2

就活証明写真でピンを使用する場合、ストロボで光らないように注意しなければなりません。

ピンは金属製なので、強い光に当てると光ってしまい、黒い髪の毛の中ではかなり目立ってしまいます。

ピンはなるべく輪郭の近くの地肌付近にしっかり留め、上の髪でピンをかぶせるなどして、光に当たらないように注意しましょう。

仕上がった写真のピンが光っていた場合、プロの撮影なら、レタッチで修正することも可能ですが、素人で上手に修正するのは難しいです。

ヘアピン使いを予定していて、付け方に自信の無い方は、プロに撮影からレタッチまでをお願いするのもおすすめです。

短すぎてヘアピンが留められない場合は「ワックス」「スプレー」を使おう!

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説1

前髪が短すぎて、輪郭付近でヘアピンが留められない場合は、ワックスやスプレーで固定したほうが見栄えもよく、崩れにくくなります。

アイロンやドライヤーでしっかり流れを作り、ワックスを根元から毛先にかけて付けていきます。

その際、髪の内側に丁寧に塗ることで、しっかりした流れを作ることができます。

その後上からスプレーで固定すれば、崩れにくくなります。

ただし、就活の証明写真で、整髪料のつけすぎには要注意です。

ガッチリ固めた不自然な流れは、違和感を与えますし、つけすぎだとストロボで光ってしまいます。

整髪料は薄めに付け、その場で直しやすいスティック型のワックスを持参して、撮影前に直すのをおすすめします。

就活写真でヘアセットに自信がないときはプロを頼ろう!

就活写真で前髪にピンはOK?就活ヘアに最適なピンの留め方をプロが解説3

ここまで、就活証明写真の前髪をピンで留める方法をご紹介してきましたが、難しく感じる方も多かったのではないかと思います。

ピンは、うまく使えば思った以上にしっかり留まる有能アイテムですが、コツが要りますし、特に就活証明写真では目立たないようにしたいので、練習が欠かせません。

自分でやるのに自信の無い方は、ぜひプロの力を借りてください。

写真館やフォトスタジオでは、専用のヘアメイクさんが入っていることも多く、オプションでヘアメイクを頼むことができます。

その場合、就活証明写真にふさわしい前髪を作ってもらえますし、ピン使いも上手で、面接本番にも参考になります。

また髪型をご自身で用意しても、プロに撮影をお願いすれば、ピンが目立たないように撮ってくれますし、万が一光ってしまっても、レタッチで修正してもらえます。

特に前髪のアレンジに自信の無い方は、ぜひプロに撮ってもらうことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、就活証明写真の前髪をピンで留める方法を解説いたしました。

ぜひやってみたいと思った方、難しくて自信がないと思われた方、両方いらっしゃると思います。

就活写真での前髪は、第一印象を左右するとても大事なパーツです。

ここは気を抜かず、上手なピン使いで、清潔感をアピールしてほしいと思います。

理想の前髪で、最高の就活証明写真が仕上がることを心より願っております。