公務員志望の就活証明写真におすすめな撮り方をプロが徹底解説

みなさんこんにちは!スタジオインディの美津島です。

今回は安定した業界として人気の高い公務員志望者向けに戦略的な証明写真の準備の仕方について解説していきます。服装や髪型・メイクの仕方などの身だしなみから、表情や写真のレタッチ(修正)のポイントなど男女別に解説していきます!

【目次】

  1. 公務員の就活において証明写真は重要
  2. 公務員の業務内容を踏まえ、証明写真でどんな印象を採用担当者に与えれば良い?
  3. 公務員の採用担当者に、証明写真を通じてこれらの印象を与えるおすすめの撮り方まとめ【女性編】
  4. 公務員の採用担当者に、証明写真を通じてこれらの印象を与えるおすすめの撮り方まとめ【男性編】
  5. 公務員から内定を勝ち取るために、証明写真より大切なこと
  6. 公務員志望の就活生向け、おすすめの証明写真の撮り方まとめ

公務員の就活において証明写真は重要

近年、安定した業界を求める就活生の多くが志望する“公務員”という職業。競争率が高いのはもちろん、求められる人材も一般企業とは異なるため、第一関門となる書類審査の段階で多くの志望就活生がふるいにかけられます。そのふるいに残るためにも、公務員志望の就活生にとって証明写真は重要なのです。とりあえず撮っておこうなんて生半可な気持ちでは、公務員への道は遠のくばかり。そんな公務員志望にとって重要な証明写真を戦略的に撮る方法を今回ご紹介していきますね!

公務員の業務内容を踏まえ、証明写真でどんな印象を採用担当者に与えれば良い?

公務員志望の人向け!就活証明写真におすすめな撮り方をプロが徹底解説1

公務員は1府12省庁や国会・税務署・裁判所などに勤務し、国家単位の仕事に携わる「国家公務員」と県庁・区役所・市役所などに勤務し、地域に密着した仕事に携わる「地方公務員」に分かれます。

どちらも「日本をより良くしたい!」、「地域に貢献したい!」という国や地域がより良くなるにはどうすればいいのか思案し、円滑に実行できる「仕事のスマートさ」や、人々の為に奉仕できる「優しさ・社交性」が求められます。

証明写真でも「仕事へのスマートさ」と「優しさ・社交性」を印象付ける写真を準備しましょう。

以下より具体的に解説していきます!

公務員の業務内容と求められる役割を整理

上述したように、公務員は国や地域・国民の為に働くことがメインの仕事です。

国民生活をより便利にするために考えて行動する実行力や、地域の人々に愛されるコミュニケーション力が大事になります。国家公務員、地方公務員、共通してこれらの力を持った人材が求められるのです。

写真で与えるべき印象1:人々に寄り添える優しさ

公務員として、人々の生活をより良くするために「自分にはどんなことが出来るか」と人々に寄り添える優しさが大事です。表情は基本的に柔らかな笑顔で優しさを印象付けましょう。

写真で与えるべき印象2:テキパキと仕事がこなせるスマートさ

国や地域・国民生活をいかに良く出来るか考え、何よりもそれを「円滑に実現できるか」が重要です。めまぐるしく変わる日本の環境に対応していくため、効率よく、そつなく仕事をこなせるスマートな印象を与えるようにしましょう。

証明写真では髪型やメイクでも清潔感を出し、スーツも着崩れていないよう、身だしなみをしっかり整えて撮影しましょう。

写真で与えるべき印象3:誰からも愛される明るさ・社交性

仕事で評価されるには雇い主である国や都道府県だけでなく、地域の人々にも評価されなければなりません。しかっりと目を開き、口角を程よく上げて微笑むことで、誰からも愛される明るさ・社交性を印象付ける表情で写真を撮りましょう。

スタジオインディのこだわり

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、プロのカメラマンとスタイリストが対応します。就活写真のメイク・撮影経験豊富なスタッフばかりなのでご安心ください★真面目さ誠実さをアピールできるようなヘアセット、表情指導を行いますよ。

公務員の採用担当者に、証明写真を通じてこれらの印象を与えるおすすめの撮り方まとめ【女性編】

公務員志望の人向け!就活証明写真におすすめな撮り方をプロが徹底解説2

まずは女性から、公務員の採用担当者に上記の印象を与えるおすすめの撮り方を全てご紹介していきます!

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの服装

まずは、服装についてご紹介します。

女性の証明写真を撮る際に必要となる衣類は、

  • ・スーツ
  • ・ワイシャツ

です。それぞれ詳しくご紹介します。

スーツ

スーツは真面目な印象を与える為、主張の少ない黒色で柄は無地が無難です。

多く就活生が黒いスーツを準備しますので、少し印象を変えたい方は「濃い」紺色の無地が良いでしょう。

就活写真におすすめのスーツはこちらの記事を参考にしてみてください!

就活の証明写真で女性はどんなスーツを着るのが正解なのかプロが解説

ワイシャツ

ワイシャツは無地の白シャツが無難です。ボタンが上まで閉まるレギュラータイプが真面目な印象を与えられるので、もっとも相応しいでしょう。襟を出すスキッパータイプは明るい印象を与えられますが、左右の襟のバランスがずれていたり胸元が開きすぎるとだらしないく見えてしますので綺麗に見えやすいレギュラータイプがベターです。

ワイシャツの種類ごとの特徴はこちらを参考にしてみてください!

就活の証明写真で着るべきシャツは?スキッパー・レギュラーどちらが印象が良いの?

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの髪型

次に、女性の公務員志望の方におすすめの髪型についてご紹介します。知的な印象とともに、女性らしい優しさをも演出できる髪型は以下の通りです。

髪型

ショートの方は、両耳を出した全体的にまとまり感のあるストレートスタイルが、ミディアム~ロングの方は、下めの一つ結び(ポニーテール)がおすすめです。ショートの方は下手に結ぼうとせずいっそ下ろしてください。その際癖のないストレートヘアにすることで、知的なスマートさを演出しやすくなります。また、髪の長い方は一つ結びがおすすめ。簡単な髪型とはいえ、サイドトップをしっかりとおさえ、すっりとさせましょう。ハーフアップやシニヨンといった髪型よりも、公務員としての忠誠心を感じやすいのが一つ結びです。

前髪

次に前髪。短い前髪の方は斜め前髪、長めの方は耳にかけた前髪がおすすめです。眉、目、額をしっかりと出した前髪は、顔周りをスッキリと見せスマートさ、清潔感ゆえの明るさ、社交性を感じさせることができます。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめのメイクの仕方

ここでは公務員志望の方が証明写真を撮る時に意識すると良いおすすめのメイクのポイントをお伝えしていきます。公務員志望の方は、スマートさを感じさせつつも女性らしい優しさと社交性を感じさせる雰囲気をだしていけるようなナチュラルでバランスの良いメイクにしていくことが重要です。各メイクパーツに分けてご紹介します。

ベースメイク

まずベースメイク。公務員は健康的な印象を与えるためにも清潔感にあふれた美肌にすることを意識しましょう。

化粧水→乳液→下地→ファンデーションの順で基本的なベースを整えていきます。目元のクマやくすみがある場合はコンシーラーで消していきましょう。残ったままだと証明写真にもしっかり写り、健康的な印象から遠のいてしまいます。

アイメイク

次にアイメイクです。アイメイクこそ公務員用のメイクとして最も変えやすいパーツです。

はじめに、薄いベージュ系またはクリーム系の色のアイシャドウを筆を使いまぶた全体にのせます。次に、グラデーションを意識しながら、ベージュ系またはコーラル系の色のアイシャドウを筆を使いまぶたの半分より少し上くらいまでぼかすように塗っていきます。

最後に、濃いブラウン系のアイシャドウを細めのチップを使い、目のキワの部分に重ねます。さらに目を少しくっきり、きりっと強調させたい場合はその上からアイペンシルもしくはアイライナーを使ってまつげの間を埋めるように細めにひていきしょう。

仕上げに、ビューラーで根元からまつげを引き上げ、マスカラを根元を中心にまつげの真ん中→目頭→目尻と塗っていきます。マスカラが玉のようになると公務員としてのスマートさがかけますので、気をつけて下さい。

アイブロウメイク

次に眉メイク。顔の印象を大きく変えることができる眉メイクで公務員向けのメイクに仕上げましょう。

色は、なるべく自分の髪色と目の色の中間の色を選ぶことがおすすめです。眉だけが浮いて見えにくくなります。ペンシルタイプとパウダータイプの2種類を使って描きます。

まずはパウダータイプのものを使って、眉全体をぼかすように色をのせます。次に、ペンシルタイプを使って、自分の眉の幅を目安に、自分の眉の一番高い眉山の部分から眉尻に向かって山を描くように描きます。この時に、なるべく毛と馴染むように描いていくとより自然になります。唇の端と目尻を結んだ直線上に収まるくらいの長さにすることがベストなバランスです。

証明写真では眉毛はしっかりめに色をのせることがおすすめです。そうすることで、ストロボの光があたった時の顔の印象がしっかりして見えます。

チーク

次にチークメイクです。公務員におすすめのチークについてご紹介します。

色はコーラル系か薄いオレンジ系よりの色を選ぶことをおすすめします。写真を撮った時の肌写りや顔の色味とのバランスがよく、印象が良く見えます。塗る位置のポイントは、笑ったときの頬が高くなる部分より少し下のあたりから耳に向かって、斜めにふわっと入れていくと自然でしっかりとした感じに仕上がります。

リップ

最後はリップです。色は、血色が良く見える肌なじみがよいものを選びましょう。

流行りの派手めな色はさけ、ローズ系のピンクかピンクとベージュの中間くらいの落ち着いた色味がおすすめです。

唇の形にそって塗って、下唇の端は口角が上がって見えるようように本来の唇の幅より少し上げめに塗るのがポイントです。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの表情

国や地域の人々などに評価されるために、テキパキと仕事をこなせるスマートさと、誰からも愛される社交性のある「知的で明るく優しい」表情を心がけましょう。

目をしっかりと開き「知的で明るい」印象を、口角を程よく上げ柔らかい笑顔で「優しさ」を表現しましょう。

就活写真を撮るときの表情はこちらを参考にしてみてください!

就活の証明写真の表情はどうしたらいい?好印象を引き出す方法をプロが解説!

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめのレタッチ方法

ニキビやクマ等の一時的な肌トラブルがあれば消してもらい健康的で清潔感のある印象にしましょう。

目を大きくしすぎたり、顔を極端に細くしたりと過度な表情の修正は実際の人物と印象が変わってしまうので控えてください。

また、清潔感や知的な印象を与えるために表情だけでなく、肩の高さやシャツの襟の左右のバランスなど服装も整えてもらいましょう。

公務員志望の学生におすすめの戦略的証明写真の撮り方まとめ【女性編】

公務員志望の女子学生は、

  • ・知的で明るく優しい表情
  • ・スーツは無地の黒か濃紺、シャツは白無地でボタンが上まで閉まるレギュラーシャツが無難
  • ・肩の高さやシャツの襟の左右のバランスを整える
  • ・一時的な肌トラブルなどはデジタル修正をしてもらい清潔感を出す

知的さを維持しつつも、女性らしい優しさを印象として与えられるよう表情と服装に主に注意してください。

公務員の採用担当者に、証明写真を通じてこれらの印象を与えるおすすめの撮り方まとめ【男性編】

公務員志望の人向け!就活証明写真におすすめな撮り方をプロが徹底解説3

ここで男性向けの、公務員の採用担当者に上記で説明した印象を与えられる戦略的な証明写真の撮り方についてご紹介していきます。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの服装

男性の場合、証明写真を撮る時に着用する服装には、

  • ・スーツ
  • ・ワイシャツ
  • ・ネクタイ

があります。それぞれ詳しくご紹介します。

スーツ

スーツは真面目な印象を与える為、主張の少ない黒色で柄は無地が無難です。

デザイン性のある柄やスリーピースなどは控えてください。

少し印象を変えたい方は「濃い」紺色の無地が良いでしょう。

就活写真を撮るときにおすすめのスーツはこちら!

就活男子が証明写真で着るべきスーツを色や柄、撮り方までプロが解説!

ワイシャツ

ワイシャツは真面目で誠実な印象のレギュラーカラータイプの白無地が無難です。ボタンダウンシャツはカジュアルな場面で使用するシャツなので控えましょう。

就活写真に適したワイシャツはこちらを参考にしてみてください!

【プロが教える】就活の証明写真に適した男性シャツの着方!色や柄、ボタンはOK?

ネクタイ

爽やかで知的なイメージがある紺・ネイビーなどの青系のネクタイか、落ち着いたグレー系がおすすめです。ただ、グレー系は印象に残りづらい場合もあります。

柄は定番のレジメンタル(ストライプ)が無難です。

ネクタイはこちらを参考にしてみてください!

就活の証明写真でネクタイはどう着けるべき?色、柄、結び方までプロが徹底解説

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの髪型

次に男性の公務員志望におすすめの髪型についてご紹介します。少しの変化でも印象を大きく変える男性の髪型にも、公務員向けの髪型があります。以下より詳しくご説明しますね。

髪型

優しさと社交性感じさせ、かつスマートさも演出するために証明写真では、落ち着いていてまとまり感のあるストレートスタイルがおすすめです。ある程度髪が長い人にはよりおすすめの髪型です。スタイリング剤で仕上げる際も、極力束感を作るのは控えましょう。

前髪

就活同様、就活写真においても男性の前髪は目、眉、額が見えているのが基本。より忠誠心を感じさせるスマートさを演出するために、なるべくおでこを見せ横に流し、サイドのボリュームを抑えたスタイルがおすすめです。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめのメイクの仕方

男性も肌の色味や眉のバランスのを整えることでより写真の写りが良くなります。女性がやるようなメイクではなく、証明写真用の男性メイクはナチュラルで清潔感やしっかり感のある雰囲気になることが重要です。これを機会に挑戦してみてくださいね♪♪

就活写真におすすめの男性のメイクについてはこちらの記事も参考にしてみましょう!

男も就活証明写真でメイクをするべきなの?男子就活生のメイク方法をプロが解説します!

ベースメイク(下地)

まずはベースメイク。男性は脂性肌の方が多く元からファンデのノリが良いため、下地は必要ない場合が多いです。乾燥肌の方は、保湿クリームをファンデの前にのせ馴染ませましょう。

手順は、洗顔→化粧水→(保湿クリーム)→ファンデーション(男性用BBクリームもOK!)の順で手に少量取り肌全体に塗り、整えていきます。

目元のクマやニキビなどがある場合はコンシーラーで軽く消すとより明るい印象になります。ファンデーション、BBクリームは写真とはいえ自分の肌色に合うものを選んで下さい。ムラにならないよう薄く均一に塗り広げて下さいね!

アイブロウメイク(眉)

はじめに男性は、女性と比べて眉毛がしっかりあるのである程度かみそりやハサミ等で形や長さバランスを整えておきます。心配な方は、アイブロウカット専門店などに行って整えてもらうことをおすすめします。

次に、アイブロウペンシルまたはパウダーを使い、眉尻など眉の薄い部分やアンバランスな部分を自分の眉の形にそって描き足し、整えていきます。

ポイントは、

  • ・自分の眉の幅を目安に、自分の眉の一番高い眉山の部分から眉尻に向かって山を描くように描くこと
  • ・色は、自分の髪色に近い色味(黒髪ならダークブラウン系など)
  • ・自然に見えるように毛と馴染むように描いていく
  • ・唇の端と目尻を結んだ直線上に収まるくらいの長さにする
  • ・眉尻は、下げすぎず少し上げ気味に描く

証明写真では、眉毛の薄い部分やアンバランスな形はしっかり整えることがおすすめです。そうすることで、ストロボの光があたった時の顔の印象やバランスがはっきりして見えます。

リップクリーム

男性の場合、唇に色を乗せるとバランスが悪くなるため、透明の保湿系リップで良いです。透明のリップクリームを唇全体に塗り完成ですが、はみ出していたり塗りすぎているとストロボで光ってしまうため、ティッシュオフで抑えるようにしましょう。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめの表情

国や地域の人々などに評価されるために、テキパキと仕事をこなせるスマートさと、誰からも愛される社交性のある「知的で明るく優しい」表情を心がけましょう。

目をしっかりと開き「知的で明るい」印象を、口角を程よく上げ柔らかい笑顔で「優しさ」を表現しましょう。男性は少しあごの位置を高くしても落ち着いている印象を出せますが、偉そうな印象も与えてしまう場合があるので注意が必要です。

公務員志望の学生が証明写真を撮る時におすすめのレタッチ方法

男性も女性同様に、ニキビやクマ等の一時的な肌トラブルがあれば消してもらい健康的で清潔感のある印象にしましょう。男性は肌の油分が多いので肌のテカリが気になるようなら抑えてもらい、髭の剃り残しがあれば消してもらいましょう。

のパーツの形を大きく変える過度な表情の修正は実際の人物と印象が変わってしまうので控えてください。

また、清潔感や知的な印象を与えるために表情だけでなく、肩の高さやシャツの襟の左右のバランス・ネクタイのセンターなど服装も整えてもらいましょう。

公務員志望の学生におすすめの戦略的証明写真の撮り方まとめ【男性編】

  • ・知的で明るく優しい表情
  • ・スーツは無地の黒か濃紺、シャツは白無地のレギュラーカラータイプが無難
  • ・肩の高さやシャツの襟の左右のバランス・ネクタイのセンターを整える
  • ・一時的な肌トラブルなどはデジタル修正をしてもらい清潔感を出す

公務員から内定を勝ち取るために、証明写真より大切なこと

証明写真は身分確認である大切な資料の一つではあります。しかし、実際にはエントリーシートや筆記試験・面接などの方が圧倒的に重要です。

証明写真には時間をかけず、ポイントをおさえた適切な写真を準備し、エントリーシートや筆記試験・面接等の準備にしっかりと時間をかけましょう。

公務員志望の就活生向け、おすすめの証明写真の撮り方まとめ

公務員の仕事に共通するのは国や地域・国民の為に働くということです。

誰からも愛される社交性のある「知的で明るく優しい」表情と身だしなみをしっかりと整えテキパキと仕事をこなせるスマートな印象の証明写真を準備しましょう。