就活女子必見!証明写真メイクに適したファンデーションをプロがご紹介

目次

  1. はじめに
  2. 就活のメイクでファンデーションは必要?
  3. ファンデーションで普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い
  4. 就活写真のメイクでファンデーションは使用した方が良い?
  5. 就活写真のメイクでファンデーションを使用した場合の効果
  6. 就活写真のメイクに適したファンデーションの種類
  7. 種類別!就活写真メイクに適したファンデーションまとめ
  8. まとめ

はじめに

こんにちは!スタジオインディの野山です。

この記事では、就活写真に適したメイク方法を解説していきます!その中でも今回は、“ファンデーション”を中心に解説していきます。

ファンデーションにはリキッドやパウダー、クリームやクッションなど様々なタイプがあり、「就活の証明写真ではどれを使えば良いの?」と困っている方もいることでしょう。

この記事を読むことで就活写真に適したファンデーションのメイク方法が分かるほか、普段の就活と証明写真の撮影のときとで適したメイクにはどのような違いがあるのかといったことをわかっていただけるかと思います!ぜひ参考にしてみてください!

就活のメイクでファンデーションは必要?

就活女子必見!証明写真メイクに適したファンデーションをプロがご紹介1

そもそも普段の就活のメイクにおいて、「ファンデーションを塗るべきなのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

結論から言うと、就活メイクでファンデーションは必要です。
なぜならファンデーションを塗ることにより肌がキレイに見えて、トーンが明るくになり、清潔な印象や元気な印象を与えることができますからです。

ただし、ファンデーションの色が肌にあっていない場合は採用担当者に違和感を与えてしまう可能性もあるので、購入の際は肌の色に合うか確認することが重要です。

ファンデーションで普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い

就活写真を撮る際にはストロボがあたる、正面から見た時に綺麗にバランス良く整って写っていれば良いといった普段の就活との違いがあります。

ストロボで光飛びをすることがあるため、撮影時のメイクではツヤ感が大幅に出てしまうタイプは使用を控えた方が良いです。程よいツヤ感であれば、立体的にくっきりとした表情に写すことができます。

また正面から綺麗に写ることが大事なので、輪郭にはあまりファンデーションをしっかり塗らなくても大丈夫です。

輪郭は薄く塗ると影ができてより小顔・骨格をよく見せてくれます。

これらのように、普段の就活と証明写真のメイクとでは違いがあるため、以下より詳しく解説していきます。

 証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
 証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
メイクに必要なアイテムの特徴肌の色にあったもの 肌馴染みが良い、肌質がキレイに見えるもの カバー力があるものなど リキッドタイプの使用でツヤや質感がきれいにきれいにみえる肌の色に合ったもの 長時間の使用に向いているもの マットなものでナチュラルな印象を与える
メイクをする上での注意点厚塗りはNG、首と顔の色の差がなく、浮いていない厚塗りはNG、首と顔の色の差がなく、浮いていないようにメイクをする
メイク方法スキンケア→ベースメイク→ポイントメイクスキンケア→ベースメイク→ポイントメイク
理想的な仕上がり肌の色、顔の雰囲気に合ったナチュラルな仕上がり肌の色、顔の雰囲気に合ったナチュラルな仕上がり シミ、クマ、ニキビがナチュラルにカバーされている

就活写真のメイクでファンデーションは使用した方が良い?

就活写真を撮る際にもファンデーションを使用しましょう。
ファンデーションを使用するとこで清潔感や明るい印象を与えることができます。

就活写真のメイクでファンデーションを使用した場合の効果

就活写真のメイクでファンデーションを使用することによって次のような効果を得ることができます。

  • ・肌が清潔に見える
  • ・肌に艶が出て綺麗に見える
  • ・顔色がよく見える
  • ・輪郭を整えることができる

就活写真のメイクに適したファンデーションの種類

ファンデーションにはリキッド・パウダー・クリーム・クッション・BBクリームといったさまざまなものがあります。

その中でも就写真のメイクにおすすめなファンデーションはリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの2種類です。

それぞれがどんな人におすすめなのか解説します。

就活写真のメイクに適したファンデーションの種類1:リキッドファンデーション

就活写真メイクに適したファンデーションの種類1つ目はリキッドファンデーションです。

リキッドファンデーションはカバー力と保湿力が高いため、肌をキレイに見せてくれて、肌が乾燥するのを防いでくれます。

そのため肌をキレイに見せたい人や、乾燥肌、混合肌といった肌に潤いを与えてあげたい人におすすめのファンデーションです。
またツヤ感も出やすいので、ツヤ感で顔のイメージを明るくしたい人にもおすすめします。

就活写真のメイクに適したファンデーションの種類2:パウダーファンデーション

就活写真メイクに適したファンデの2つ目はパウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションは皮脂や汗を吸収してテカリを防止してくれるため、脂性肌の人には特におすすめです。
またマットな仕上がりになりやすいため落ち着いた印象を出すことができます。

パウダータイプはメイクが簡単にできるので、初心者や化粧直しする時にもおすすめです。

種類別!就活写真メイクに適したファンデーションまとめ

就活写真におすすめのリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの特徴や使う時の注意点、塗り方を解説していきます!

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの特徴・注意点・塗り方

就活女子必見!証明写真メイクに適したファンデーションをプロがご紹介2

まずはリキッドファンデーションの特徴・注意点・塗り方の3点を詳しく解説します!

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの特徴

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの特徴は、

  • ・肌の色に合うもの
  • ・程よくツヤがでる

といったものがあげられます。それぞれの特徴を詳しく解説します。

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの特徴1:色は自分の肌色に合う色

写真だからといってファンデーションにより肌の色を明るくしたり、暗くしたりする必要はありません。
地肌の色に合わないファンデーションを使うと写真が不自然なものになってしまいます。

普段から利用している肌の色に合ったファンデーションを使いましょう。

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの特徴2:程よくツヤ感が出る

就活写真のメイクでリキッドファンデーションを使う際には程よくツヤ感が出るようにしましょう。

マットな肌でも問題ないのですが程よいツヤ感を出すことで、正面から撮影したときに程よく立体感を出せて、表情をくっきり見せることができます。

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションを塗る時の注意点

就活写真のメイクでリキッドファンデーションを塗るときには、

  • 1.事前にスキンケア・化粧下地を塗っておく
  • 2.写真だからと厚く塗りすぎない

この2点に注意しましょう。

事前にスキンケアをすることで肌の余分な皮脂や汚れが取れて化粧のノリがよくなります。
化粧下地は塗ることで化粧が崩れる予防や、保湿をすることができます。

また、写真だからといってファンデーションを厚く塗りすぎるのはNGです。
不自然な仕上がりになってしまったり、老けた印象になったりします。

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションを塗る際にはどういった方法や手順で塗っていけばいいのでしょうか?

順序立てて解説します。

手順1:パール1粒大の量を指にとり、顔に5点おきする

パール1粒大の量を指にとり、でこと鼻、両頬、あごの5点につけます。
塗る面積の大きい両頬からつけて残りを均等にでこ、鼻、あごにつけましょう。

手順2:指で毛穴を埋めながら内側から外側に伸ばす

塗ったファンデーションを伸ばして広げていきます。

広げるときには内側から外側に伸ばすように広げてください!
指で毛穴を埋めることで毛穴が目立たなくなります。

手順3:薄く均一になるようスポンジで伸ばす

指でファンデーションを広げていったら薄く均一になるようにスポンジで伸ばしていきます。その際には顔の輪郭がかなり薄くなるように注意して塗りましょう。

顔の輪郭のファンデーションを薄くすることで写真を正面から撮っても不自然に顔が浮かず、立体的に見せることができます。

また、あまりにもベタつきが気になる場合、額・鼻・鼻に近い左右の頬・顎の5箇所にお粉をのせるとでストロボによるテカりも抑えられます。

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの理想的な仕上がり

就活写真のメイクに適したリキッドファンデーションの理想的な仕上がりとしては清潔で血色がよく見えることです。

自分の肌に合ったリキッドファンデーションを用いて、清潔で健康的な印象を出せるようにしましょう!

就活写真のメイクにおすすめのリキッドファンデーション

就活写真のメイクにリキッドファンデーションを使えばいいのは分かったと思います。

それではどんな種類のリキッドファンデーションを選べばいいのかおすすめ商品を紹介します。

就活写真のメイクにおすすめのリキッドファンデーション1:MC リキットファンデーション
MC リキットファンデーション

引用元:MCコレクションHP

商品名MCコレクション リキッドファンデーション
ブランド名メイコー化粧品
価格3300円(税抜)
容量35g

色は5色から選べます。

真球体のパウダーがお肌にしっかりとフィットすることによって気になる部分を自然にカバーできます。
リフレクトパウダーを配合しておりシミ、そばかす、毛穴を隠しながら明るさと透明感を出すことができます。

就活写真に用いる場合は自分の肌の色に合っているか確認してから使うようにしましょう。
カバー力が高いため、清潔な印象を与えることができます。

就活写真のメイクにおすすめのリキッドファンデーション2:レブロン カラーステイメイクアップ
レブロン カラーステイメイクアップ

引用元:レブロンHP

商品名カラーステイ メイクアップ
ブランド名レブロン
価格2000円(税抜)
容量30ml

全6色あるので自分の肌に合ったものを選びやすいです。皮脂をコントロールでき、うるおい肌が続く処方になっています。
伸びの良い質感になっているため厚塗りになりにくく、気になる毛穴もカバーすることが可能。

証明写真に用いるときには色が豊富で厚塗りになりにくいという点でおすすめできます。

スタジオインディのこだわり

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、上記の2つのアイテムのご用意があります。ヘアメイクつきプランであれば、プロのヘアメイクスタッフがあなたの肌色に合わせて色味を調整いたします!ムラがなく表面が均一になるように塗ることで、就活写真の仕上がりもグンっとアップしますよ。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの特徴・注意点・塗り方

就活女子必見!証明写真メイクに適したファンデーションをプロがご紹介3

次にパウダーファンデーションについて、特徴・注意点・塗り方の3つを詳しく説明していきます!

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの特徴

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの特徴としては

  • ・自分の肌に合う色
  • ・保湿力が高いもの

があげられます。それぞれについて詳しく解説します。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの特徴1:色は自分の肌色に合う色

リキッドファンデーションと同じく就活メイクにおいては自分の肌に合う色のファンデーションを選びましょう。
色を明るくしたり、暗くすると不自然なものになってしまいます。

普段どおり肌の色に合うファンデーションを使いましょう。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの特徴2:保湿力が高い

パウダータイプのファンデーションを選ぶ場合は保湿力が高いものを選びましょう。
パウダータイプのものは乾燥しやすいため粉を吹いたり、筋ができたりしやすくなります。

コラーゲン・ヒアルロン酸を配合したものを使用することにより、撮影で乾燥することなく、綺麗な素肌にすることができます。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションを塗る時の注意点

就活写真のメイクでパウダーファンデーションを塗るときには以下の2点に注意して使用しましょう。

  • 1.事前にスキンケア・化粧下地を塗っておく
  • 2.厚塗りしすぎない

パウダータイプのファンデーションは乾燥しやすいので事前のスキンケアで保湿力の高い化粧水、乳液を利用することをおすすめします。
保湿力の高いものでスキンケアすることで自然な仕上がりになります。

また、パウダータイプはマットな仕上がりになるものが多いため厚塗りしすぎると血色が悪くなったり、自分の肌色と全然違う肌色になったりします。
写真だからと厚塗りせずナチュラルな仕上がりになるようにしましょう。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの塗り方

就活写真を撮る際、パウダーファンデーションはどのように塗ればいいのでしょうか?

塗り方や塗る際の注意点を解説します。

手順1:パフの真ん中までパウダーをとる

パウダーをとる際はパフの真ん中まで取ります。多すぎると厚塗りの原因になってしまいます。また、足りない部分は後から足すことができます。

手順2:顔の中心から外側に向けて塗り広げる

パウダーファンデーションを塗るときには顔の中心から外側に向けて塗り広げます。パウダーが足りないところは取り足してカバーするようにしてください。
顔の輪郭は薄く仕上げたいので余ったパウダーをのせるだけでOKです。

薄く塗ることで写真を正面から撮った時に不自然にお顔が浮くことがなく、立体的に見せることができます。

手順3:ブラシで余分なパウダーを落とす

余分なパウダーはブラシを使い中央から外側にかけてさっさと落とします。
余分なパウダーを落とすことで粉っぽい仕上がりになるのを避けることができます。
ただし、パウダーを落としすぎてカバー力が落ちないように注意してください。

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの理想的な仕上がり

就活写真のメイクに適したパウダーファンデーションの理想的な仕上がりとしては肌に透明感があることです。

パウダーファンデーションを使用することでマットな仕上がりになるため、厚塗りしすぎると透明感のないものとなってしまいます。

塗り方のときにも書いたようにパフの半分くらいまでとることを目安にしましょう。

プロにお任せ★就活写真用ヘアメイクが出来る『スタジオインディ』

就活写真のメイクにおすすめのパウダーファンデーション

就活写真のメイクにおすすめのパウダーファンデーション1:MC モイストシルキーファンデーション
MC モイストシルキーファンデーション

画像引用:@cosme

商品名MCコレクション モイストシルキィファンデーション
ブランド名メイコー化粧品
価格1800円(税抜)※ケース、パフ別売り
容量10g

色は5色から選ぶことができます。

カバー力が高く、ひと塗りでニキビ跡やそばかすを隠すことができる優れものです。保湿成分のヒアルロン酸Naと水溶性コラーゲンでコーティングしたパウダーを配合しており、なめらかなツヤ肌を作ることができます。
色ムラが目立たず、汗や皮脂に強いため化粧くずれも防ぐことができます。

就活写真で用いる場合、パウダータイプながらツヤ肌を作ることができるため明るい印象の写真を撮ることができます。

就活写真のメイクにおすすめのパウダーファンデーション2:資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV
資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

画像引用:資生堂通販サイト

商品名ドラマティックパウダリー UV
ブランド名資生堂
価格3000円(税抜)
容量9.2g

色は7色から選べるため自分の肌により近いものを選ぶことが可能です。

「360°美肌パウダリー」によって、カバー力と透明感を同時に実現し、360°どこから見ても変わらない美肌に仕上げることができます。

就活写真においては多くの色から選べるほか、シミ、色ムラや毛穴などを隠しながらも血色良く見せることができ、透明感やツヤも出すことができる点でおすすめできます。

まとめ

今回の記事では就活写真の撮影のときにおすすめのファンデーションの種類や塗り方、おすすめの商品を解説、紹介しました。

ファンデーションを正しく使うことによって健康的で若々しい印象を採用担当者に与えられます。

就活に適したファンデーションを利用して良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

就活写真用のメイクのベースメイクはこちらの記事も参考にしてみてください!

就活証明写真で加工いらずのベースメイクのやり方をプロが解説