就活写真でピアスの穴が見えると選考落ちる?目立たなくする方法教えます

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活でピアス穴が見えるのはNG?
  3. ピアス穴で普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い
  4. 就活写真でピアスの穴が見えるのはNG?
  5. 就活写真の撮影時にピアスの穴を目立たなくする方法
  6. 髪の毛で耳を隠しピアスの穴も隠すのは就活写真ではNG!
  7. まとめ

はじめに

こんにちは!スタジオインディの関根です。

就活生の中には耳にピアスを開けている方もいるかと思います。そんなピアスを開けている方がの中には、「ピアスの穴が見えている就活証明写真は選考に不利なのか?」と不安に思っている方もいるかと思います。

そこで今回の記事では、そもそも就活でピアス穴が見えるのはアリなのか、就活写真におけるピアスの穴を隠す方法やピアスを開けている場合の注意点などを解説します。

ピアスに関して不安を抱えている就活生はぜひ参考にしてみてください!

就活でピアス穴が見えるのはNG?

就活写真でピアスの穴が見えると選考に不利?目立たなくする方法解説1

そもそも就活でピアスの穴が見えているのはNGなのでしょうか?

近年では就活において、採用担当者はピアスの穴が少し開いてるくらいなら気にしない方が多いです。ただし金融系やホテル業界といった堅い業界ではピアスの穴があることがマイナスに見られることもあります。また、採用担当者によってはピアス=チャラいといったイメージを持っている人もいます。

ピアスの穴が見えることが完全にNGということはありませんが、採用判断へプラスに働くこともないでしょう。

ピアス穴で普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い

普段の就活ではピアスの穴が開いていても隠すことは難しいですが、就活写真の場合はレタッチの修正によりピアスの穴を隠すことができます。そして証明写真の場合は正面からの顔しか撮らないため正面から見てピアスの穴が目立たなければあまり問題がないという違いもあります。

就活写真でピアスの穴が見えるのはNG?

就活写真でピアスの穴が見えると選考に不利?目立たなくする方法解説2

程度によりますが就活写真でも普段と同じくピアスが見えることがNGなことはあまりないです。片方1つずつならあまり目立たず、気にする面接官も少ないからです。

しかし不安な方や、写真を正面から撮った時にピアスの穴がガッツリ見える人は目立たなくした方がよいです。

就活写真の撮影時にピアスの穴を目立たなくする方法

就活写真でピアスの穴が見えると選考に不利?目立たなくする方法解説3

では、就活写真の撮影時にピアスの穴を目立たなくする方法を3つご紹介します。自分のピアスの個数や、大きさによってどの方法にするか決めてくださいね!

⑴つけ続ける必要がある場合は「透明ピアス」

ファーストピアスをつけておく必要がある場合は透明ピアスを付けましょう。透明ピアスであればレタッチで目立たなく修正することができます。目立たなくすることはできますが、撮影の一瞬だけ外すことができるのであれば外したほうが良いです。またスピード写真で撮影する場合は、透明ピアスでも目立つので気をつけましょう。

⑵カメラマンに撮ってもらうなら「画像修正」

写真館・写真スタジオで就活写真を撮る場合はプロのカメラマンさんがレタッチで穴を消してくれます。ピアスの穴が多い人はプロに任せることをおすすめします。

⑶自力で隠すなら「ファンデーション・コンシーラー」

ファンデーションやコンシーラーを使ってピアスの穴を隠すこともできます。その場合はファンデ・コンシーラーを穴に埋め込むように塗りましょう。パウダーを乗せることでより目立たなくなります。

スタジオインディのこだわり

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、全プランで画像修正が可能です★ピアス穴はもちろん、アホ毛や一時的な肌トラブルも隠しますよ。

髪の毛で耳を隠しピアスの穴も隠すのは就活写真ではNG!

ピアスの穴を隠したいからといって髪の毛で耳を隠すのはいけません。就活においては男女問わず耳を見せた髪型にするのが基本だからです。髪の毛で隠すくらいなら、上記の方法で隠すことをおすすめします。

就活の髪型に関する記事はこちらをどうぞ

就活女子におすすめ!就活写真に適した髪型をプロが全てご紹介
男性の就活証明写真にはどんな髪型が適しているの?プロのヘアメイクが全てご紹介します!

まとめ

今回の記事では就活や就活写真においてピアスをつけても大丈夫なの?ということについてピアスが開いている場合の対処法も加えて解説しました。

ピアスが開いているとしても気にしない企業も増えつつありますがピアスはチャラいというイメージを持つ採用担当者がいることも事実です。この記事を読んでピアスを開けている人の役に立てればと思います。