就活の証明写真のボタンはどこまで開けるのが正解?スーツ・シャツ両方解説!

【目次】

  1. 就活証明写真の撮影時、それぞれの服装にはボタンの開け締めのルールがある
  2. ボタンの開け閉め以外にも、就活写真の撮影時に注意する服装ルールは沢山!
  3. 就活写真のボタンにまつわる注意点のまとめ
スタジオインディのこだわり
就活証明写真比較調査で1位を獲得したときのロゴ

このメディアを運営する『スタジオインディ』は、4,000人を対象とした就活写真調査でクチコミ1位の評価を頂いております★

スタジオインディは以下4部門でも1位となりました!

  • 人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真1位
  • 東証一部上場企業の内定者・新入社員が選ぶ、証明写真スタジオ口コミ評価1位
  • 親が選ぶ、就活をするこどもにおすすめしたい証明写真スタジオ1位
  • 現役CA・グランドスタッフが選ぶ、就活におすすめのスタジオ1位

就活証明写真の用意がまだの方はぜひスタジオインディへお越しください!

就活証明写真の撮影時、それぞれの服装にはボタンの開け締めのルールがある

皆さん初めまして!スタジオインディの小林です!

みなさんの中にはこれから就活用の証明写真を撮影しに行こうと考えている方もいるかでしょう。そんな就活用の写真撮影の際の疑問として「シャツやスーツのボタンってどこまで開けるの?」があるかと思います。

そこで今回の記事では、男女別に就活証明写真の撮影時のボタン開け締めルールを詳しく解説していきます!撮影する際はぜひ気をつけてくださいね!

女子が就活写真を撮影する時のボタンの開け締めのルール

就活の証明写真のボタンはどこまで開けるのが正解?スーツ・シャツ両方解説!その1

就活用の写真を撮る場合ボタンの開け締めはどのようにすればいいのでしょうか?

女性の場合ワイシャツの種類ごとにボタンを開けるべきか留めるべきか変わってきます

詳しく見ていきます!ちなみに、女子の就活写真にふさわしい服装に関してはこちらのブログを参考にしてください!

就活の証明写真で女性はどんなスーツを着るのが正解なのかプロが解説
就活証明写真で女性が着るべきシャツ (ブラウス)についてプロが解説

スーツのボタンはすべて留めるのが正解

スーツのボタンはすべて留めるのが正解です。そのためスーツを買うときにはボタンを全て留める前提でサイズ選びをしないといけません。

スキッパータイプのワイシャツ(ブラウス)は第一ボタンの位置は”開ける”のが正解

スキッパータイプのワイシャツの場合は第一ボタンを開けるのが正解です。そして襟の部分はスーツの外に出すようにします。襟が見える面積が大きいので襟が左右対称になっているか確認しましょう!

レギュラータイプのワイシャツ(ブラウス)は第一ボタンの位置は”留める”のが正解

レギュラータイプのワイシャツの場合は第一ボタンを留めるのが正解です。また、スキッパータイプとは異なり襟の部分はスーツの外には出しません。

男子が就活写真を撮影する時のボタンの開け閉めのルール

就活の証明写真のボタンはどこまで開けるのが正解?スーツ・シャツ両方解説!その2

続いて男性が就活写真を撮影するときのボタンの開け締めルールを見ていきます。男性の場合はどの服装でも同じ着こなしになります。

詳しく見ていきます!ちなみに、男子の就活写真にふさわしい服装に関してはこちらのブログを参考にしてください!

就活男子が証明写真で着るべきスーツを色や柄、撮り方までプロが解説!
【プロが教える】就活の証明写真に適した男性シャツの着方!色や柄、ボタンはOK?

スーツのボタンは一番下のボタンだけ”開ける”のが正解

男性の場合はスーツのボタンは一番下だけを開けるのが正解です。男性の場合は一番下のボタンは装飾品となっており一番下は締めないのがマナーになっています。

そのためたとえボタンがあるとしても一番下まで留めないように注意してください。

ワイシャツのボタンは第一ボタンまですべて”留める”のが正解

ワイシャツは第一ボタンまですべて留めるのが正解です。ネクタイを締めると第一ボタンの部分はあまり見えないですが、開いていた場合だらしない印象になることは間違いないです。

ボタンダウンタイプのワイシャツはそもそもビジネスシーンには不適切

ボタンダウンタイプは襟の部分にボタンが付いているタイプのワイシャツです。就活においてボタンダウンタイプのワイシャツを着るのは控えましょう。カジュアルな印象が強くなるため、就活だけでなくビジネスシーンにおいて着用するのは不適切だとされています。

ワイシャツの袖のボタン(剣ボロ)は全て”留める”のが正解

ワイシャツの袖のボタンは全て留めるのが正解です。スーツを着ていれば袖の部分は見えにくいですが、面接時の膝に手をおいた際に見えます。

お手洗いに行った際に袖が濡れないようにボタンを外してまくることもあると思います。その際は手を拭いた後にボタンを留め直すようにしてください。

ボタンの開け閉め以外にも、就活写真の撮影時に注意する服装ルールは沢山!

就活の証明写真のボタンはどこまで開けるのが正解?スーツ・シャツ両方解説!その3

ボタンの開け締め以外にも髪型、スーツの柄や色など就活写真の撮影のときに注意することはたくさんあります。このブログでは就活の証明写真撮影のときに気をつけた方がいいことをたくさん書いているので、ぜひ他の記事も見てみてください!

就活写真のボタンにまつわる注意点のまとめ

この記事では男女の服装別に就活写真でのボタンに関することを詳しく解説してきました。

男性はワイシャツのボタンは袖も含めて全て締めるのが基本でスーツは一番下だけを開けるのがマナーです。

女性の場合はスーツのボタンは全て締めます。一方で第一ボタンを開けるか締めるかはワイシャツの種類によって異なるので自分が持っているワイシャツは締めるべきか確認して撮影するのがいいでしょう。