就活写真メイクのリップで普段の色味はNG?ヘアメイクが徹底解説!

目次

  1. はじめに
  2. 就活のメイクでリップメイクは必要?
  3. リップメイクが普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い
  4. 就活写真のメイクでリップメイクはした方が良い?
  5. 就活写真のメイクでリップメイクをした場合の効果
  6. 就活写真のメイクに適したリップの特徴
  7. 就活写真のメイクでリップを塗る時のポイント
  8. 就活写真のメイクに適したリップの塗り方
  9. 就活写真のメイクに適したリップの理想的な仕上がり
  10. 【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのリップ3選
  11. まとめ

はじめに

就活生のみなさんこんにちは!スタジオインディの西田です。

就活では、身だしなみがきちんとしているかが見られるのでメイクも重要です。

ただ、就活用のメイクといっても普段の就活と就活用証明写真を撮影するときではメイク方法に違いがあります。

この記事では、就活メイクの中でもリップメイクの方法、注意点などについてご説明しているので、「就活用のリップメイクはどうしたらいいの?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

就活のメイクでリップメイクは必要?

就活写真メイクのリップで普段の色味はNG?ヘアメイクが徹底解説!1

「就活メイクではリップメイクをしたほうがいいの?」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

就活では「社会人としてのマナーがあるかどうか」を見られているので、身だしなみの1つであるメイクをきちんとしているかが重要となります。

清潔感のあるナチュラルなフルメイクが就活メイクでの基本となるので、リップメイクもちろん必要です。手を抜かずに行いましょう。

リップメイクをすることで顔全体の血色がよくなり明るい印象を与えられるので、就活にぴったりのリップを使ってくださいね。

就活メイクにおけるリップメイクについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい!

リップメイクが普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い

就活用のリップメイクといっても、普段の就活と就活用の証明写真では注意点が異なります。

普段の就活では直接人から見られるので、程よくツヤが出て発色するリップを選びます。
また、リップを塗るときにはムラがないようにしっかりと塗り、濃く塗って派手な印象にならないように気をつけるのが一般的です。

ただ、就活用証明写真を撮影するときには正面から照明やストロボなどの強い光が当たって唇が光ってしまうことがあるので、マットタイプなどのツヤが控えめのリップを使います。

照明などの光でリップの色味が飛んでしまうので、普段の就活メイクよりも濃いめに重ねてリップを塗りましょう。
証明写真は撮影後にリタッチ(修正)することができるので、多少はみ出ても問題ありません。

証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
リップの特徴・ツヤは控えめ
・マットタイプでも良い
・程よいツヤがある
・程よい発色
リップメイクをする上での注意点・多少のはみ出しはレタッチ修正可能・ムラがないように塗る
メイク方法の違い・濃いめに重ね塗りする
・濃すぎない自然な色味
・しっかりに塗る
・濃すぎない自然な色味
理想的な仕上がり・ツヤは控えめ、ライトで色が飛ばないようにしっかりめに塗る・程よいツヤ感。口元だけ浮かないように自然な濃さで塗る

就活写真のメイクでリップメイクはした方が良い?

就活写真のメイクでは清潔感が大事なので「リップを塗ると派手になるのが嫌」、「リップクリームでも十分」と考える人も多いかもしれません。

ですが、リップの色味や質感をしっかりと選べば印象アップにつながります。

就活においては証明写真で第一印象が決まるので、「一緒に働きたい」と思ってもらえるように印象の良いリップメイクをしましょう。

就活写真のメイクでリップメイクをした場合の効果

リップメイクをすることで血色感がよくなり、顔全体が明るい印象になります。

また、リップメイクをすることで「華やかな感じ」や「上品な感じ」も出すことができるので、しっかりした印象を与えることができます。

リップメイクをしないとメリハリがなく幼い印象になってしまうのですが、リップメイクをすればパーツの輪郭がはっきりして健康的な印象になりますよ。

就活写真のメイクに適したリップの特徴

就活写真メイクのリップで普段の色味はNG?ヘアメイクが徹底解説!3

就活写真のメイクに適したリップはどのように選べばいいのでしょうか。

就活写真のメイクに適したリップの3つの特徴をご紹介します。

就活写真のメイクに適したリップの特徴1:色は自分の肌のカラーベースで決まる

リップの色は肌のカラーベースで決まります。

カラーベースはイエローベースとブルーベースがあり、
・イエローベースの人はコーラルやベージュ系の色
・ブルーベースの人はピンクやローズ系の色
が似合います。

ちなみに、イエロー・ブルーベースの判別基準となる特徴には、

《イエローベース》
・ゴールドのアクセサリーが似合う
・ビビッドカラーの色が似合う
・夕方に肌がくすみやすい
など

《ブルーベース》
・シルバーのアクセサリーが似合う
・手のひらが白っぽい
・肌に赤みが出やすい
などがあります。

自分の肌のカラーベースを知って、似合うリップの色を見つけましょう。

就活写真のメイクに適したリップの特徴2:タイプはツヤが控えめのマットタイプ

就活写真を撮影するときには、照明やストロボなどの強い光が当たります。
プルプルに保湿されるリップやラメが入っているリップを塗ってしまうとライティングで唇が光ってしまい不自然な写真になってしまうことがあります。

口元がライティングで光ってしまわないように、ツヤが控えめのマットタイプのリップを選びましょう。
マットタイプのリップであれば、撮影時の光で色味が飛びません。

就活写真のメイクに適したリップの特徴3:チップがついているとリップメイクの形を整えやすい

リップにはチップタイプや口紅型がありますが、チップタイプは少しずつ輪郭に合わせて塗ることができるので、はみ出しにくくムラなく塗ることができるので便利です。

口紅型を使う場合は、直に唇に塗っていくよりも筆で少しずつ塗るようにするとチップタイプのようにムラなく、はみ出しなく塗ることができますよ。

就活写真のメイクでリップを塗る時のポイント

就活写真メイクのリップで普段の色味はNG?ヘアメイクが徹底解説!2

就活写真のメイクでリップを塗るときの2つのポイントをご説明します。

「就活写真のメイクで失敗したくない」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ポイント1:輪郭からはみ出ないように注意

リップメイクでは、あえて輪郭からはみ出してオーバー目に塗ることもありますが、就活写真のメイクではオーバーメイクはNGです。
オーバーメイクの就活写真と面接であったときの顔が違う場合には、マイナスの印象になる可能性があるので注意しましょう。

また、輪郭からはみ出たオーバーメイクでは顔全体のバランスが悪く不自然な印象になってしまいます。
多少のはみ出しなら撮影後にレタッチで修正することもできますが、修正で不自然な写真にしないためにも最初からはみ出しなく、きれいなリップメイクをするようにしましょう。

ポイント2:口角を上げた状態を見てムラがあるとこを埋める

就活写真は口角を上げて撮るのが基本となっています。

自分でメイクをするときには、口角を上げた状態でリップメイクの仕上がりを確認し、色ムラがある場合はムラがなくなるように調整しましょう。

就活写真のメイクに適したリップの塗り方

就活写真のメイクに適した具体的なリップの塗り方をご紹介します。
手順に沿って塗るだけで、就活写真にぴったりのリップメイクになりますよ。

手順1:ベースとなる保湿系リップを塗る

リップを塗る前には、保湿系のリップやワセリンで唇を保湿しましょう。
保湿なしでリップを塗ってしまうと唇が乾燥してカサカサになったり、縦線が目立ってしまいます。

保湿系のリップはベタベタする液状タイプではなく、マットなスティックタイプを使う方が上からリップを塗りやすくなりますよ。

手順2:リップを輪郭に合わせて塗る

ベースを塗った後は、輪郭からはみ出ないように少しずつリップを塗っていきます。

チップタイプのリップならチップを使って少しずつ塗っていきましょう。
口紅型のリップの場合は直接唇に塗ると色ムラやはみだしの原因になるので、筆で少しずつリップを取って塗ると失敗が少なくなります。

手順3:最後にティッシュオフをする

リップを塗り終わったら、最後にティッシュオフしましょう。
ティッシュで唇を押さえることで余分な油分を取りリップの密着度が上がり、リップメイクが落ちにくくなります。

ティッシュオフをすると唇のシワ部分までリップがいきわたるので、色ムラもなくなりますよ。

就活写真のメイクに適したリップの理想的な仕上がり

就活写真のメイクに適したリップの理想的な仕上がりは、肌のカラーベースに合ったツヤが控えめのリップを撮影時の光で色味が飛ばないように少し濃いめに塗っていることです。

就活写真を撮影するときには強い光が当たるので、唇が光ってしまわないようにグロスなどのテカテカ光るリップは避けましょう。

また、リップを塗る前にはしっかりとベースを塗っておくと唇が乾燥せず、写真を撮ったときに唇の縦線が気にならなくなります。

【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのリップ3選

500円前後のプチプラリップからデパコスリップまで3種類のリップを紹介していきます。

就活写真メイクで使うリップ選びの参考にしてくださいね。

就活写真メイクにおすすめのリップ1:ジョイン SCFリップスティック13

ジョイン SCFリップスティック13

引用元URL

商品名SCFリップスティック
ブランド名ジョイン
価格495円(税抜)
容量不明

ローヤルゼリー配合で潤いを長時間キープできます。

値段は500円前後とリーズナブルなので、就活でしかリップを使わないという人も購入しやすい価格です。
色展開が豊富なので、何色か購入して唇に塗ったときの色味を比べてみるのもいいですね。

就活写真メイクにおすすめのリップ2:オペラ リップティントN05コーラルピンクorアプリコット

オペラ リップティントN05コーラルピンクorアプリコット

引用元URL

商品名リップティントN
ブランド名オペラ
価格1,620円(税込み)
容量18.1g

ナチュラルに発色するので、清潔感が重視される就活証明写真にぴったりのリップです。

ティントタイプなので色落ちしにくく、化粧直しの手間も減りますよ。
オイルベースなので唇がかさつきにくいのも特徴です。

就活写真メイクにおすすめのリップ3:ディオール アディクト リップ ティント 351 ナチュラル ヌード

ディオール アディクト リップ ティント 351 ナチュラル ヌード

引用元:Dior公式サイトより

商品名アディクト リップ ティント
ブランド名ディオール
価格3,996円(税込み)
容量31.8g

ディオールのリップティントは唇を染めるような仕上がりで、12時間色味が持続します。
自然由来成分を80%配合しているので軽く自然な着け心地です。
チップタイプなので、筆なしで綺麗にリップを塗ることができますよ。

まとめ

就活写真メイクでは、普段の就活メイクとは違ったリップメイクが必要です。

就活では履歴書の証明写真が第一印象を決めるので、今回ご紹介した就活写真用リップメイクの方法を参考に、印象が良い証明写真を撮影してくださいね。

もし、「自分のリップメイクは自信がない」という場合は、ヘアメイクをしてくれる写真館やスタジオで証明写真を撮ってもらいましょう。
証明写真映えするメイクを熟知したプロのヘアメイクなら、健康的で清潔感を感じられるメイクに仕上げてくれますよ。