就活写真の撮影にはスプレーを忘れないで!ヘアメイクが男性の使い方を解説

【目次】

はじめに

男性の就活生のみなさんこんにちは!スタジオインディの西田です。

男性が就活写真を撮るときに髪型のセットは必須です。

普段の就活や、お出かけするときなどには髪型のセットのためにヘアワックスや、ヘアスプレーを使う人も多いと思います。

しかし就活写真の撮影時にも同じようにヘアスプレーを使用しても大丈夫なのでしょうか?

今回の記事では、就活写真の撮影におけるヘアスプレーについて以下のことを解説していきます。

  • ・就活写真の撮影でヘアスプレーを使っても大丈夫なのか
  • ・ヘアスプレーをどのように使えばいいのか
  • ・ヘアスプレーを使うときにどんなことに気をつければいいのか

この記事を読むことで、就活写真の撮影でどのようにヘアスプレーを使えばいいのか分かりますよ!

就活写真のヘアセットにヘアスプレーは使った方が良い?

就活写真の撮影にはスプレーを忘れないで!ヘアメイクが男性の使い方を解説2

就活写真の撮影時にはスプレーを使った方がいいのでしょうか。

結論から言うと、ワックスに加えてスプレーを使った方がいいです。

「就活写真の撮影は一瞬で終わるから、スプレーまでして髪を固める必要ないんじゃない?」と疑問を持つ人もいると思いますが、スプレーの良さは髪を固めるだけではありません!

スプレーを利用することで、

  • ・髪が崩れるのを防げる
  • ・毛束を作ることができる

といった効果があります。

それぞれの効果について詳しく説明します。

ヘアスプレーを使うことでセットした髪が崩れるのを防ぐ

ヘアスプレーには、ワックスでセットした髪が崩れるのを防いでくれる役割があります。

就活写真を撮る時の髪型は立体感も重要になってくるので、ワックスだけでは不十分です。

ヘアスプレーでも毛束は作れる

ヘアスプレーでも毛束を作ることができます。ワックスでも毛束を作ることはできますが、ヘアスプレーを使うことで、より細かいセットができるようになります。

毛束のある髪型にすることで、爽やかでフレッシュな印象になります。

就活において、爽やかさやフレッシュさは武器になるので毛束を作ることは就活写真において有効な手段なのです。

ヘアスプレーを使うことでワックスより細かい毛束を作れるので、ヘアスプレーを使った方がいいのです。

就活写真のヘアセットで男性がヘアスプレーで気をつけること

就活写真の撮影にはスプレーを忘れないで!ヘアメイクが男性の使い方を解説1

就活写真を撮影する場合には、普段の就活や出かける時にヘアスプレーを使うときよりも気を付けないといけないことが多いです。

どのようなことに注意すればいいのかを解説します。

注意点1:家でガチガチに固めない

家で髪をガチガチに固めないようにしましょう。

就活写真を撮る場合、撮影直前に髪型の微調整を行います。髪をガチガチに固めていると微調整ができなくなっていまいます。

家でヘアスプレーを使った髪のセットをしてから撮影に行く場合はスプレーの使いすぎに気を付けましょう。

また美容院に行ってから撮影に臨む場合にも髪がガチガチにならないように、あらかじめ美容師さんに伝えておきましょう。

注意点2:ヘアスプレーをつけすぎない

ヘアスプレーを付けすぎてしまうと、不自然に髪がパリパリになってしまったり、髪が白くなってしまいます。

また髪がテカテカになってしまう場合もあります。就活写真の撮影時にはストロボの光が当たるので、髪がテカテカだと髪が白く写ってしまいます。

普段ヘアスプレーを使う場合もつけすぎはNGですが、就活写真の撮影時も気を付けましょう。

注意点3:髪の分け目の根本は重点的に固める

就活写真を撮る時の髪型では、分け目を作る人も多いと思います。

髪型の分け目を作る場合には分け目を重点的に固めるようにしましょう。分け目は他の部位に比べて髪型が崩れやすいからです。

せっかく前髪を分けたのに垂れてきたら、活発的で健康的な印象が台無しになることもあるので気を付けましょう。

就活写真の撮影前にする、効果的なヘアスプレーの使い方

就活写真を撮るときに、より髪型をうまくセットするためにはどのようにヘアスプレーを使うのがいいのでしょうか。

ヘアスプレーを使う時のポイントを3点紹介します。

頭から20~30cm離してかける

ヘアスプレーを使うときには頭から20cm~30cm離して使いましょう。

スプレーを噴射する距離が近すぎると、髪型パリパリになったり、スプレーの付け方にムラができたりしてしまいます。

20cm~30cm離れたところから髪全体にスプレーをつけるのがおすすめです。

指にスプレーをかけて前髪をつまむ

前髪は直接スプレーを噴射してもいいですが、まず指にスプレーを噴射して、スプレーが付いた指で髪をつまむのもおすすめです。

そうすることで前髪をよりしっかりと固めやすくなったり、スプレーをかけて顔にかからなくなったりする効果があります。

利き手の人差し指にスプレーを吹きかけて髪をつまむのがおすすめです。

トップは髪を持ち上げてスプレーする

トップは髪を持ち上げて、スプレーをしましょう。

トップの髪は崩れやすいためポイントでスプレーをすることで崩れにくくなります。

ただしスプレーをかけすぎてしまうと白くテカってしまう原因になるので気を付けましょう。

撮影前に必ず鏡で“正面から”の写りを確認しよう!

就活写真の撮影にはスプレーを忘れないで!ヘアメイクが男性の使い方を解説3

就活写真を撮る前には必ず鏡で正面からの写りを確認するようにしましょう。

就活写真は正面からの姿しか撮りません。

最悪見えない後ろの髪型は雑になっても問題ないですが、正面から見える正面、サイド、トップの髪は気をつけてセットしましょう。

就活写真の撮影でのヘアスプレーの使い方まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、就活写真の撮影でヘアスプレーを利用するときの注意点や、おすすめの使い方を解説しました。

ヘアスプレーを上手に使うことで、就活写真の髪型の印象がより良くなります。

ヘアスプレーを使うときには、

  • ・頭から離して使う
  • ・トップの髪を持ち上げる
  • ・前髪のセットは指にスプレーを付けてから行う

の3点を意識して、より理想に近い髪型にセットしてもらえればと思います。

どうしてもヘアスプレーを使うのが難しいという方はヘアメイク付きのプランがある写真スタジオで撮影するのも一つの手段です。

スタジオインディでもヘアメイク付きのプランを展開していますよ♪