就活写真用のメイクでパウダーチークはこう使う!ヘアメイクが徹底解説

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活のメイクでパウダーチークは使わない方が良い?
  3. メイクでパウダーチークをつける際に普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い
  4. 就活写真のメイクでパウダーチークをつけるのはNG?
  5. 就活写真のメイクでパウダーチークを使用した場合の効果
  6. 就活写真のメイクに適したパウダーチークの特徴
  7. 就活写真のメイクでパウダーチークを塗る時のポイント
  8. 就活写真のメイクに適したパウダーチークの塗り方
  9. 就活写真のメイクに適したパウダーチークの理想的な仕上がり
  10. 【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのパウダーチーク3選

はじめに

就活生のみなさんこんにちは!スタジオインディの関根です!

就活女子の皆さんの中には、普段からチークといえば“パウダーチーク”という方もいることでしょう。そんなパウダーチークは就活で必要な証明写真のメイクで使うべきなのか、他のリキッドやクリームといったタイプのチークの方が良いのでは?といった疑問をお持ちの方もいるかと思います。薄目なチークメイクに仕上がるイメージが多いパウダーチークが就活写真で使うべきなのかどうか。今回は、こちらをご紹介していきます!

就活のメイクでパウダーチークは使わない方が良い?

パウダーチークはこう使う!就活写真用のメイクをヘアメイクが徹底解説1

結論からいえば、就活のメイクではチークを使わない方が良いということはありません。

実は就活メイクにおいて、チークの中でもおすすめなのがパウダーチークです。優しくナチュラルな仕上がりになるパウダーチークは、無論ナチュラルメイクが鉄則である就活メイクには向いているメイクアイテムといえます。

ただし、就活の証明写真を撮影するときでは、写真撮影に適したパウダーチークのメイク方法を心がけましょう。

メイクでパウダーチークをつける際に普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い

証明写真撮影時は、普段の就活と違ってストロボがあたるため、パウダーチークが薄いと写真にきれいに写らない可能性があります。

だからといって濃すぎるとチークだけ目立ってしまい、不自然になってしまうので、量の加減が難しくなります。

また就活写真は真正面からの顔を撮ります。そのため正面からみて立体的な写りになることが理想です。

普段の就活と就活写真のメイクにおいて、パウダーチークを使う場合はどのような違いがあるのか表に簡単にまとめてみました。

 証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
 証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
パウダーチークをする上での注意点頬骨の位置につける、形を丸くしない濃く付けすぎない
メイク方法ブラシで頬の正面から頬骨に沿ってぼかすように入れる大きめのブラシを使って軽くのせる
パウダーチークを使った理想的な仕上がり口角を上げた時の頬骨の位置にパウダーチークがのっていること自然な仕上がりにする
ほんのり血色がよく見えるように

就活写真のメイクでパウダーチークをつけるのはNG?

就活写真のメイクでパウダーチークをつけることは全く問題ありません。

就活写真では、ストロボの光が当たりすぎて顔が平たく見えたり、血の気がないように見えたりすることがあります。そのような問題点を自然に解消してくれるのがパウダーチークです。

パウダーチークは初心者にも使いやすく、ムラにもなりにくいのでおすすめですよ!

普段のメイクでパウダーチークを使うことがあまりない人も、就活写真を撮影するときはパウダーチークを積極的に活用してみましょう。

就活写真のメイクでパウダーチークを使用した場合の効果

パウダーチークなら上述したように、ナチュラルに頬を色付けられるため、健康的な雰囲気に仕上がります。

小顔効果や立体的に見せられる効果があるだけでなく、ふんわりとした女性らしさを出せる効果があるので、相手に好印象を与えることができます。

就活写真のメイクに適したパウダーチークの特徴

パウダーチークはこう使う!就活写真用のメイクをヘアメイクが徹底解説2

ひとくちにパウダーチークといっても、さまざまな色があります。

就活写真に適した色のパウダーチークを利用しましょう。

就活写真のメイクに適したパウダーチークの特徴1:色はピンク・オレンジ・ベージュ系

ピンク・オレンジ・ベージュ系のパウダーチークなら、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

ただし、人によって肌色が異なるため、使用すべき色味も肌色によって変わります。

例えば肌色がブルーベースの人は、もともと血色が控えめなので、オレンジ系を選んでしまうと、パウダーチークだけ浮いてしまう可能性があります。

なので、肌の透明度を引き立ててくれるようなピンク系を選ぶのが良いですよ!

特に青みがかったピンクは、ブルーベースの人によく似合います。

一方、肌の黄みが強いイエローベースの方は、オレンジ系のチークとの相性が抜群!

ベージュ系チークも肌馴染みがいいですが、肌がくすんで見えてしまうことがあるので注意が必要です。

ベージュ系を選ぶときは、赤みがあるベージュなど明るめのベージュを選びましょう。

就活写真のメイクに適したパウダーチークの特徴2:発色が普通or少し強め

写真の場合、ストロボの光でチークメイクが薄まってしまったり、浮いて見えたりしてしまうことがあります。

そのため、普段使っているものよりも発色が良いパウダーチークを使うのがおすすめです。

とはいえ発色が良すぎるとべたっと着いてしまったり、明らかにチークが浮いてしまったりと失敗しやすいので、普段より発色が良くかつ、ワントーン明るめのチークを選びましょう。

就活写真のメイクでパウダーチークを塗る時のポイント

就活写真のメイクにおいてパウダーチークを塗る時は、塗る位置と塗る形に注意しましょう。塗り方を間違えると幼稚に見えてしまい、志望業界にあまり良い印象を与えられない場合があります。

事前に注意すべきポイントを把握しておけば、失敗することもないですよ!

ポイント1:高さは笑った時の頬骨の位置

証明写真は口角を少し上げた表情で撮るのが一般的です。そのためパウダーチークは、口角を上げた際に上がる頬の位置に塗るのが良いです。ほお骨付近に、口角を上げた状態で塗ることで、骨格を大人っぽく、女性らしく見せることができます。

また、頬から耳のほうに向かって塗ると、顔の輪郭がはっきりとした良いチークメイクに仕上がります。

ポイント2:形を丸くしない

普段のメイクのように丸い形をイメージして塗ってしまうと、幼稚なイメージになって頼りない印象に仕上がってしまうため、就活写真には不向きです。

チークを描くときは、円形ではなく“楕円形”を意識してみてください。頬骨から耳に向かって伸ばすと自然な形になりやすいですよ。楕円形にすることで、骨格も際立ち、小顔効果も高まります。また、大人っぽさも演出できるので、知的な印象を与えやすくなるためおすすめです。

就活写真のメイクに適したパウダーチークの塗り方

パウダーチークはこう使う!就活写真用のメイクをヘアメイクが徹底解説3

就活写真のメイクにおいてパウダーチークは、正しい手順を踏めばナチュラルメイクに仕上げることができます。パウダーチークの塗り方をチェックしておきましょう。

手順1:パウダーをブラシでくるくる回しながらとる

ブラシでパウダー塗るときは、ムラが出やすいので注意が必要です。

パウダーチークをくるくる回しながらとることで、ブラシにもムラなくパウダーをつけることができます。

手順2:頬骨の位置から耳にかけて外側にブラシでのせる

丸くのせると幼稚に見えるので、勾玉のような形をイメージしながらのせましょう。

形をミスってしまうと、写真スタジオのレタッチ加工で直しきれない可能性があるので、慎重にのせてください。

手順3:余分なパウダーチークを落とす

パウダーチークを塗ったままだと、不自然に浮くことがあるので要注意です。

パウダーチークを塗ったブラシとは別に、何もつけていないブラシで余分なパウダーチークを外側にさっさと落とすと、自然な仕上がりになります。

また、最後にファンデーションを含ませたスポンジでチークを塗ったところを軽く押さえると、肌の内側から自然ににじみ出たような血色感を演出することができます。

就活写真のメイクに適したパウダーチークの理想的な仕上がり

就活写真のメイクに適したパウダーチークの理想的な仕上がりは、口角を上げた時の頬骨の位置にナチュラルにパウダーチークがのっていることです。

ただし、頬骨の位置だけ色がのっていると不自然なので、外側に向かって塗っていない肌身とぼかされている状態が良いです。血色の良い健康的な肌に見えればOKです!

スタジオインディのこだわり
インディこだわりヘアメイク

このメディアを運営する『スタジオインディ』では、プロのヘアメイクが揃っているので、

  • 「就活メイクは詳しくなくて自分でメイクするのが不安」
  • 「普段用のメイクやヘアセットとの違いがわからない!」
  • 「証明写真用のヘアメイクには自信がない!」

という方々でもご安心いただけます♪

あなたの骨格・雰囲気に合う、さらに志望業界に沿ったヘアメイクをプロが施します♪

証明写真で内定率を上げられるように一人一人にあったヘアメイクを致しますので、なんでもご相談ください★

【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのパウダーチーク3選

さまざまなパウダーチークがあるので、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

ここからは就活写真メイクに適したおすすめのパウダーチークを紹介するので、就活写真を撮るときの参考にしてみてください。

就活写真メイクにおすすめのパウダーチーク1:サナ エクセルグラデーションチークN GC02

サナ エクセルグラデーションチークN GC02

引用元:エクセル公式サイト

商品名:グラデーションチークN GC02
ブランド名:エクセル(Excel)
価格:1,800円
容量:6.7g

エクセルのグラデーションチークN GC02は、1つのパレッドで4色グラデーションになっているのがポイント。

肌の色や塗る場所に合わせて色を調節できるから、色が浮いてしまう心配がありません。

透明パールが配合されているため、艶やかな質感を演出することも可能です。

証明写真で用いる場合は、事前に手につけて色の濃さや量を調節してから頬にのせましょう。

就活写真メイクにおすすめのパウダーチーク2:セザンヌ ナチュラル チークN

セザンヌ ナチュラル チークN

引用元:セザンヌ公式サイト

商品名:ナチュラル チークN
ブランド名:セザンヌ
価格:360円(税抜)
容量:4g

セザンヌのナチュラル チークNは色付きが良いため、少量でも高発色で自然に仕上がります。

ただし、付けすぎには要注意!付属のブラシは細すぎるため、証明写真に用いるときは、大きめの筆で広範囲にのせましょう。

色をのせたいところにポンポンとつけ、楕円形をイメージしながら筆でクルクルと広げていくと良いですよ。

就活写真メイクにおすすめのパウダーチーク3:NARS(ナーズ) / ブラッシュ

NARS(ナーズ) / ブラッシュ

引用元:NARS公式サイト

商品名:ブラッシュ
ブランド名:NARS(ナーズ)
価格:3,700円(税抜)
容量:4.8g

NARS(ナーズ) のブラッシュは自然な紅潮感を演出できる、万人受けするカラーが魅力。

重ね付けによって発色を調整することができるため、1色でもさまざまな仕上がりを楽しむことができます。

普段の就活時は薄めに重ねて、証明写真を撮るときは少し多めに重ねましょう。

あまり濃く重ねてしまうと派手になってしまうので、何度か練習して、ちょうどいい加減を見つけてみてくださいね。

まとめ

就活写真のメイクでパウダーチークを用いる前に、自分の肌の色をチェックしておきましょう。

ブルーベースとイエローベース、どちらのタイプに当てはまるのかということを知っておくとチークの色を選びやすくなります。

チークを塗るときは、くれぐれも円形に描かないように注意すること。

勾玉のような形をイメージしながら塗ると、健康的なナチュラルメイクに仕上がります。今回紹介したパウダーチークを参考に、魅力ある頬を作ってくださいね。

他の種類のチークについての記事もあるので合わせてご覧ください!

就活写真用メイクにおけるクリームチークの色や位置、塗り方をヘアメイクが解説
就活写真のメイクに適したリキッドチークの塗り方を教えます。色や位置も解説します

スタジオインディのこだわり
就活証明写真比較調査で1位を獲得したときのロゴ

このメディアを運営する『スタジオインディ』は、4,000人を対象とした就活写真調査でクチコミ1位の評価を頂いております★

スタジオインディは以下4部門でも1位となりました!

  • 人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真1位
  • 東証一部上場企業の内定者・新入社員が選ぶ、証明写真スタジオ口コミ評価1位
  • 親が選ぶ、就活をするこどもにおすすめしたい証明写真スタジオ1位
  • 現役CA・グランドスタッフが選ぶ、就活におすすめのスタジオ1位

就活証明写真の用意がまだの方はぜひ『スタジオインディ』へお越しください!