就活の証明写真の表情はどうしたらいい?好印象を引き出す方法をプロが解説!

目次

  1. 就活の証明写真の印象は表情に大きく左右される
  2. 自分が志望する業界や職種に適した表情で撮影に臨む
  3. 証明写真を好印象に仕上げる、被写体の表情の条件
  4. 撮影した証明写真の表情が気に入らない時は撮り直そう
  5. 就活証明写真の表情についてのまとめ

就活の証明写真の印象は表情に大きく左右される

就活写真の印象は表情によって大きく左右されます。しかし、就活の証明写真はどのような表情で撮影するのがいいのか分からない人は多いと思います。

無表情だと暗い印象を与えてしまい、ニヤニヤしていると写真で信用を得るのが難しくなるでしょう。

今回の記事では就活の証明写真を撮る際にはどのような表情で撮影すればいいのかについて解説していきます。

自分が志望する業界や職種に適した表情で撮影に臨む

就活の証明写真の表情はどうしたらいい?好印象を引き出す方法をプロが解説!1
就活の証明写真において基本的に高評価を受けやすいのは真面目な表情をしている写真です。

しかしある業界では好印象であっても、ある業界では悪い評価を得てしまう場合もあります。

例えばコンサルやサービス業といった業界の場合は親近感のある表情が柔らかい写真が好まれます。一方でメーカーや金融といった業界では表情が引き締まった写真がいいです。

このように業界ごとに適した表情が変わってきます。なので自分が受けたい業界はどのような表情で写真を撮るのがいいか事前にリサーチしておくのがいいでしょう。

証明写真を好印象に仕上げる、被写体の表情の条件

就活の証明写真の表情はどうしたらいい?好印象を引き出す方法をプロが解説!2
証明写真を好印象に仕上げるためには表情がとても大切です。どのような表情で撮影に臨めばいいのか見ていきましょう!

証明写真でも笑顔が一番好印象。だけど笑顔すぎず

初対面の人と話すとき相手が笑顔の方が話しやすく良い印象を持ちやすいと思います。

証明写真も同じで無表情で暗い印象の人よりも笑顔で明るい印象の人の方が好印象をもたれやすいです。

しかし、就活においては真面目な印象の証明写真が好印象を持たれるので笑顔すぎるのはよくないでしょう。そのため就活写真では微笑んでいると認識できるくらいの笑顔で臨むのが良いでしょう。

証明写真でも口角は十分にあげる

就活の証明写真の撮影の際に口角を十分に上げることで真面目な印象を残しつつも明るい印象の仕上がりになります。

一方で口角が下がってしまうとやる気がなかったり、暗い印象を与えてしまいます。そのため就活写真を撮るときには口角を十分にあげるようにしましょう。

証明写真では歯は出さない方が無難

基本的に就活用の証明写真では歯を出さない方がいいです。歯を出さないほうが穏やかで真面目な印象を持たれて、無難だと考えられているからです。

歯が出ていたら完全にNGというわけではない

しかし歯が出ていることが完全にダメというわけではありません。

例えばエアライン業界やアナウンサーなどは見た目も重要視されるため歯を見せた写真がいいと言われます。

他にもアパレル業界は接客が基本となるため、お客さんに好印象を持ってもらえるような歯を見せた笑顔の証明写真が好まれます。

エアラインを志望している就活生はこちらの記事も合わせて読みましょう!

エアラインの好印象を与える就活証明写真とは?注意点とポイントをプロが徹底解説

レタッチの時に修正を入れすぎない

証明写真において修正を入れることでニキビや硬い表情などのマイナス要因をある程度隠すことができます。

しかし修正しすぎてしまうとどうしても不自然な写真になってしまいます。

そのため、レタッチの修正は1箇所から2箇所に抑えるのが無難です。

過度にしわを消しすぎない

過度にしわを消しすぎると面接で写真と本人を見比べた際に「顔が違う」と思われることになりかねません。

こちらもレタッチの修正で消す場合は1,2箇所に留めるようにしましょう。

過度に左右対称に固執しない

過度に左右対称にしようとすると実際の顔と差が出るだけでなく、かえって不自然な写真になってしまいます。

そのため左右対称には固執しないほうが無難でしょう。

撮影した証明写真の表情が気に入らない時は撮り直そう

就活の証明写真の表情はどうしたらいい?好印象を引き出す方法をプロが解説!3

撮影した証明写真の表情が気に入らなくてもある程度ならレタッチで修正できます。

しかし修正を加えすぎるにつれてどんどん不自然な表情の写真に仕上がっていってしまいます。

表情がおかしいから書類選考を通らなかったという事態にならないためにも出来上がった証明写真の表情が気に入らない場合は、撮り直しておきましょう。

就活証明写真の表情についてのまとめ

今回の記事では就活の証明写真における表情の重要性と笑顔で撮影する際の注意点を解説してきました。

就活用の証明写真は基本的に口角の上がった笑顔で撮るのがいいことが分かりました。

しかし業界によって良いとされる表情が異なるのも事実です。自分が受けたい業界ではどのような表情の証明写真を撮るのがいいのか リサーチするのがいいでしょう。

スタジオインディのこだわり
就活証明写真比較調査で1位を獲得したときのロゴ

このメディアを運営する『スタジオインディ』は、4,000人を対象とした就活写真調査でクチコミ1位の評価を頂いております★

スタジオインディは以下4部門でも1位となりました!

  • 人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真1位
  • 東証一部上場企業の内定者・新入社員が選ぶ、証明写真スタジオ口コミ評価1位
  • 親が選ぶ、就活をするこどもにおすすめしたい証明写真スタジオ1位
  • 現役CA・グランドスタッフが選ぶ、就活におすすめのスタジオ1位

就活証明写真の用意がまだの方はぜひスタジオインディへお越しください!