就活の証明写真のメイクでグロスを使うと悪印象!?ヘアメイクがお答えします

目次

  1. はじめに
  2. 就活のメイクでグロスはNG?
  3. メイクでグロスをつける際に普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い
  4. 就活写真のメイクでグロスをつけるのはNG?
  5. 就活写真のメイクでグロスを使用した場合の効果
  6. 就活写真のメイクに適したグロスの特徴
  7. 就活写真のメイクでグロスを塗る時のポイント
  8. 就活写真のメイクに適したグロスの塗り方
  9. 就活写真のメイクに適したグロスの理想的な仕上がり
  10. 【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのグロス3選
  11. まとめ

はじめに

就活生のみなさんこんにちは!スタジオインディの西田です。

普段のお化粧で、「グロス」を塗っている女性多いですよね。グロスを塗ることで唇がツヤツヤぷっくりして可愛らしく見えます。

しかし、「就活証明写真の撮影でもグロスは使っていいのかな」と不安になりませんか?他にも唇に塗るアイテムもありますから、本当にグロスでいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、就活写真メイクの「グロス」について解説していきます!

就活のメイクでグロスはNG?

就活の証明写真のメイクでグロスを使うと悪印象!?ヘアメイクがお答えします1

就活のメイクでグロスを塗ることはNGではありません。グロスは唇にツヤを与えて、健康的に見せる効果があります。

ただし、グロスの種類や塗り方によってはイメージダウンとなることもあるので注意が必要です。

より詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!

メイクでグロスをつける際に普段の就活と就活用証明写真の撮影時に注意することの違い

普段の就活と違い就活証明写真の撮影時は「ストロボ」があたります。

グロスはそもそもツヤがあるアイテムです。グロスを塗った唇にストロボがあたることで、テカテカしすぎたり反射して白く写ったりすることがあります。

唇だけ変に目立って不自然な印象を与えてしまうことがあるので、普段の就活よりグロスの量や塗り方に注意を払う必要があります。

証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
証明写真撮影時の場合普段の就活の場合
適したグロスの特徴キラキラしすぎないもの肌馴染みの良い色を選ぶ
グロスをする上での注意点撮影用のストロボがあたるので、ツヤ感が目立たないようにする派手な印象とならない
メイク方法仕上げにティッシュオフオーバーリップとならない
グロスを塗った際の理想的な仕上がり適度なツヤ感のある唇ふっくらとした健康的な唇

就活写真のメイクでグロスをつけるのはNG?

就活の証明写真のメイクでグロスを使うと悪印象!?ヘアメイクがお答えします2

グロスをつけて就活証明写真を撮影してもNGではありません。

ただし、使用するグロスの種類や塗り方によっては就活写真が不自然な仕上がりとなることがあります。

この後解説する就活証明写真の撮影に適したグロスや、塗り方のポイントをしっかりと押さえましょう!

就活写真のメイクでグロスを使用した場合の効果

グロスは唇にツヤや潤いを与えてくれます。就活証明写真で使用すると、唇がふっくらツヤやかになり健康的な印象を与える効果が。

また、マットタイプのリップよりも柔らかい印象となるので、女性らしい上品さや清楚さを感じさせる唇に仕上がります。

就活写真のメイクに適したグロスの特徴

就活の証明写真のメイクでグロスを使うと悪印象!?ヘアメイクがお答えします3

就活写真の撮影に適したグロスとは一体どんなものなのでしょうか?

その特徴を解説していきます。

就活写真のメイクに適したグロスの特徴1:色は自分の肌のカラーベースで決まる

自分の肌のカラーベースとマッチした色を選ぶと、より自然な就活写真に仕上がります。

肌の色とグロスの色が馴染んで、浮いて見えることがないからです。グロスの色の選び方は下記を参考にしてください!

イエローベース:コーラル・ベージュ系
ブルーベース:ピンク・ローズ系

就活写真のメイクに適したグロスの特徴2:ラメ入りのものは避ける

ラメが入っていてキラキラ光るタイプのグロスは、就活写真では過度なメイクと思われることも。派手だな、社会人らしさがないなといった就活ではマイナスなイメージを与えかねません。

また、撮影時のストロボのライティングで不自然に光ってしまう可能性が高まります。ラメ入りのグロスは避けるのが無難です。

就活写真のメイクでグロスを塗る時のポイント

それでは就活写真を撮影する時のメイクで、グロスを塗る時のポイントを2つ解説します。

この2つを押さえたグロスメイクをするだけでもかなり印象が変わりますよ!

ポイント1:事前にリップを仕込む

就活写真のグロスは、あくまでツヤ出しのアイテムと考えてください。

発色をよくしようと塗りすぎて、就活写真の唇がテッカテカ!なんてことは避けましょう。

もともと色味の薄づきのものやつきにくいものが多いので、口紅やリップを先に塗って仕込んでおくと良いです。

ポイント2:塗った後は一度ティッシュオフ

グロスでツヤを出しすぎると、撮影時のストロボで唇だけ不自然に光ってしまう可能性があると説明しました。

グロスを塗った後に、軽くティッシュオフすることで適度なツヤ感を与えることができます!

就活写真のメイクに適したグロスの塗り方

それではこれまでの特徴やポイントを踏まえ、就活写真メイクに適したグロスの塗り方をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

手順1:下地となる口紅を塗ってからグロスを唇内側から塗る

先に口紅で色をつけることで、「唇の発色を良くする効果」と「グロスの塗りすぎ防止の効果」を期待できます。その上にグロスを重ね塗りするので、口紅自体もうっすら色づく程度で問題ありません。

グロスはまず唇の中心部分にのせて、内側→外側となるように塗ると綺麗に仕上がります。

手順2:上下に唇をくわえて馴染ませ、外側には指で残ったグロスをポンポンと広げる

上下の唇を閉じて、グロスを唇全体に行き渡らせるように馴染ませましょう。

この時、無理に外側まで塗ろうとすると、グロスが唇からはみ出してしまうので注意してください。外側やムラのある箇所は、指で残ったグロスをポンポンと軽くたたくようにして塗りましょう。

手順3:最後にティッシュオフをする

ティッシュで唇を軽く押さえましょう。ティッシュオフすることで、就活写真にふさわしい適度なツヤ感のある唇に仕上がります。

ストロボによって不自然に光る可能性も低くなるので、必ずオフしましょう。

就活写真のメイクに適したグロスの理想的な仕上がり

 “適度なツヤ感の唇に仕上がっていること”です。テカテカしすぎ、照明で反射して唇だけ目立つことのないようにしましょう。

また、ツヤツヤしすぎた唇は派手な印象与えてしまうので、就活にはふさわしくありません。

【スタッフおすすめ!】就活写真メイクにおすすめのグロス3選

結局どのグロスを選んだら良いのかわからない!と悩む就活生のために、就活写真におすすめのグロスを3つご紹介します!

就活写真メイクにおすすめのグロス1:セザンヌ ジェルグロスリップ コーラル

セザンヌ ジェルグロスリップ コーラル

引用元:『アマゾンHP』

ブランドセザンヌ
商品名ジェルグロスリップ(01コーラル)
容量4.1g
価格600円(税別)

ひと塗りでふっくら立体的な唇に仕上がるので塗りすぎ防止となるアイテムです。

程よい発色でフレッシュなツヤ感があり、就活写真のメイクにもぴったり!塗りやすいチップなので、グロス初心者でも安心して使用できますよ。

就活写真メイクにおすすめのグロス2:ディオール アディクト リップ マキシマイザー

ディオール アディクト リップ マキシマイザー

引用元:『ディオール公式HP』

ブランドディオール
商品名アディクト リップ マキシマイザー (001ライトピンク)
容量6ml
価格3996円(税込)

ディオールの定番のケアリップグロスです。

唇をケアしながら、ふっくら潤いを与えてくれます。001番はほんのりと色づく程度なので、下地の口紅の色に影響を与えずにツヤを出すことができますよ。

就活写真メイクにおすすめのグロス3:ハニーロア ハニーラスターr ハニー

ハニーロア ハニーラスターr ハニー

引用元:『VECUA Honey公式HP』

ブランドハニーロア
商品名ハニーラスターr
容量6.3g
価格2808円(税込)

ハチミツのようなツヤを与え、ふっくらした唇をつくる美容液です。

透明でラメも入っていないタイプで就活にも安心して使用できます。かなり濃密なテクスチャーなので、証明写真撮影時にはうっすら塗るだけで良さそうです。

まとめ

就活証明写真の撮影メイクでグロスを使う効果や注意点、おわかりいただけたでしょうか?

ポイントは「適度なツヤ感」でしたね。

解説した注意点や塗り方をぜひマスターしてください。健康的で自然な唇で、素敵な証明写真を撮影しましょう!